人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

夢の長寿遺伝子

昨日のNHKニューススペシャル再放送で「夢の長寿遺伝子」と題した番組が放送された。
その要点は、カロリー制限すると夢の長寿遺伝子が働きだすということだった。そのメカニズムを簡単に言えば、カロリー制限すると普段は眠っているサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が働きだし、ミトコンドリアを増やし、免疫細胞を適度に制御し、長寿に結びつくのだという。
ミトコンドリアは体の中で消費される全てのエネルギー源ATP(アデノシン三リン酸)を造る器官だからエネルギー変換効率が向上するということだろう。もう一つサーチュイン遺伝子が働きだすと免疫細胞を適度におとなしくさせるのだという。免疫細胞は外敵をやっつける重要な働きをしているのだが、年をとると共に敵味方を区別できなくなり血管を傷つけることもあり、これを抑制するのだという。昔風に言えば粗食が長生きの秘訣と理解した。そうはいっても美食家にカロリー制限は難しい。番組はカロリー制限しなくてもサーチュイン遺伝子を活性化する方法として、赤ブドウの皮などに含まれるレスベラトロールが効果的との研究報告を紹介していた。これを売りにしたサプリメントが販売されているがどの程度の効果、弊害があるかは不明として安易な摂取には注意を要するとも言っていた。興味ある番組だった。但し、寿命には限界もあることも確か。ピンコロが最良。
参考:11/30記事12/4記事2/9記事
by bonjinan | 2011-07-04 08:49 | 健康