人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

原発代替エネルギー

福島第一原発事故、それもチェリノブイリと並ぶ史上最悪の事故により、国、及び電力会社の原子力政策を根底から見直さざるをえなくなった。関係者の努力にも関わらず未だ安定冷却体制が確立していなく、工程通り対応ができたとしても約1年、さらに事故原因の技術面、安全管理面(含む津波対策が指摘されながら対策されなかった背景)、事故後の処理対応面などからの総合的検証と対策案がつまびらかにされかつ理解されなければ増設は容認できないからだ。あっという間に5年、10年が過ぎてしまう。当面、停止中の火力電力を動かす、節電、操業時間の変更、工場の再配置などでしのぐしかないのだが、今年の夏これを上手くしのげなければ、わが国の産業立国としての位置付は急速に低下していくことになる。現状ではバイオマス、小型水力、風力、太陽光発電、排熱利用など微々たるものだが総量目標を掲げて取り組むしかない。むしろこれら技術を高め新しい産業とする位の覚悟をもって官産学のミッションとして取り組んでもらいたい。現政権は既存組織を嫌い何でも自分でやろうとするのだがマネジメント能力がないから結果が残らない。このペースで引きずられることになるとすると何の形も残らないことになる。産業界、自治体、学会から手をあげて動いて欲しい。

参考:nifty news(洋上風力発電)
ECO JAPAN(原子力の基礎を踏まえてみる福島原発事故)
ECO JAPAN(再生可能エネルギーの導入可能量)
by bonjinan | 2011-04-25 13:00 | 政治・経済