人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

原発事故の収束に向けた道筋

本日東電は福島第一原発・事故の収束に向けた道筋を発表した。
目標ステージを次の2ステップに分け目標達成時期の目安としてステップ1で3ケ月程度、ステップ2で
3~6ケ月程度(ステップ1終了後)としている。
ステップ1:放射線量が着実に減少傾向となっている。
ステップ2:放射性物質の放出が管理され放射線量が大幅に抑えられている。
当面の取り組みとしては、格納容器内での水素爆発回避、高濃度汚染水の漏えい防止としている。
工程表が出たとは言え決めたことを決めた通りに行えば良いという段階ではない。まだ余震・連動地震
と津波など想定される段階でありこの観点からの備えについて言及されていないのが不満だ。
危機管理は最悪事態を常に想定し準備しておくのが普通だ。緊張感が伝わってこない内容だ。
現場の放射線量を考えると何を考えても手が打てないという思いが思考力を麻痺させ基調として成り行
き任せになっているのではないか。それが一番心配だ。

参考:日経電子版関連記事、及び東電発表資料
by bonjinan | 2011-04-17 18:09 | 政治・経済