人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

風評被害は情報不足から

根拠のない噂のために受ける被害を「風評被害」という。なぜ風評被害が発生するかと言えば信頼に値
するデータが不足しているためであり、人々は最も被害が少なくて済む行動を選択しようとするからだ。
例えば、政府が見解を述べてもそれが信頼に足る根拠に基づいていないと見られればそれは真実を隠
しての政治的見解だと思われ、より安全な方向への行動が強まる。政府が信用されていなければ推して
知るべしである。すべては信用に値する見解、データを示すしかないのだ。今問題になっている放射能
汚染についてみると、基準に対して何倍とセンセーショナルに報道されるが、基準は、設定された基準の
根拠は、今後の見通しはなど不明確なままであり、基準は超えても健康には害がないというような説明だ
から一層分からなくしている。自宅退避も外に出てはいけないのかどうか個人の判断に委ねていることも
問題なのだ。政府は風評に惑わされないようにと言うが悪い方向に誘導しているとしか言いようがない。
もちろん時間的余裕がないという事情はあるのだろうが、識者を集めて緊急に整理し説明しようとする努
力が見えなかったことも不安を煽っている。政府は自国民のみならず近隣諸国にも不安をもたらしており
交易にも重大な支障をきたしていることに配慮すべきだ。
(参考)
小島寛之「数学的思考の技術」KKベストセラーズ(2011.2)より
「大量のデータに裏づけられた物的な確率のことを「客観確率」という」
「人間の心の中のものさしで測ったものを「主観確率」という」
「人々が確率がわからないときは、複数の確率状況を思い浮かべ、その中で最も都合の悪い確率に照準
を合わせたうえで、最も被害の少ない、行動を選択すると考える。これを「ダウ&ワーラン効果」という」こ
れは経済行動について書かれたものであるが人間の心持については今回のような場合でも同じであろう。
(コネタ)目黒川に架かる南部橋に書かれた落書き。
 "SPEAK THE TRUTH"
c0192215_16161065.jpg

参考①:読売onlineニュース(公表されない放射能拡散予測)
参考②:ドイツ気象局HP "4/4Weather and migration conditions in Japan"
参考③:4/4NHK福島第一原発関連ニュース
参考④:NEWSポストセブン(4/5原発事故初動時世論操作の疑義)
参考⑤:読売ONLINE(4/5仏、汚染水の拡散予測を公表)
参考⑤:asahi.com(4/6近隣諸国に情報公開不足の不満)
参考⑥:フランスIRSN(3/24公表した放射能汚染大気の拡散予測)
参考⑦:気象庁(4/6ようやく公開された分かりにくい汚染空気の拡散予測)
by bonjinan | 2011-04-04 14:44 | 政治・経済