人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

風邪、インフルエンザ

受験のシーズンになると風邪、インフルエンザが流行る。
困ったものだ。受験時期をかえられないものか。
風邪とインフルエンザにまつわる私の基礎知識です。
<風邪とインフルエンザの違い>
風邪のウイルスには100種類以上もあって特定ができなく症状もさまざま。インフルエンザはインフルエンザウイルスによるものだがこれにもいろいろな型、亜型がある。風邪と同じように合併症を伴うので症状は様々。
<インフルエンザワクチンの効果>
毎年繰り返すような季節性インフルエンザには効果するがウイルスの型が違えば効かない。突然変異したようなウイルスにはもちろん効かないしワクチンも用意されていない。ウイルスは8本の遺伝子(RNA)がばらばらで異なるウイルスと容易に組み合わせを変え、かつ複製過程でエラー修復も行わないので変異も起こり易いから様々な種類ができてしまう。やっかいな代物のようだ。
<抗インフルエンザ薬>
ほとんどがインフルエンザウイルスの表面に突き出たノイラミニダーゼ(NA)阻害薬。NAは子ウイルスの切り離しに関係しておりこれを阻害することで増殖を抑え罹病期間を短縮することになるのだという。但しウイルス自体を死滅させるものではないので飲んだから完璧に治るというものでもなさ
そうだ。タミフルなどもこの類い。なお最近RNAに直接作用して増殖を抑えるタイプの新薬も研究されているという。
<超過死亡>
インフルエンザが死亡の一次的原因としても合併症を伴うからインフルエンザによる死亡数を把握するのは難しい。このためインフルエンザの影響により通年の死亡者数と比べてどの程度増えたかで推定した数字が超過死亡数。日本では1年間に約1万人と言われている(但し推定値なので毎年振れが大きい)。ちなみに交通事故死は約4,800人。
<罹病しないために>
厄介な代物だけに完璧な処方箋はないようだ。良く言われているような注意をすることしかないようだ。不幸にも罹病したら栄養を捕ってできるだけ早く回復させ合併症を起こさないことだ。

参考:09.5.1記事
by bonjinan | 2011-01-18 17:20 | 健康