人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

今週の一冊、豊かな国オランダ

今週の一冊は、リヒテルズ直子『残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ』光文社(2008.9)です。
インターネット上で「リヒテルズ直子のオランダ通信」を発信されておられる著者が出版社の勧めで書物としたもののようです。かつて日本の大人は子供たちに「よく学びよく遊べ」と言ったものだが近頃の日本では日々の生活の中で楽しく過ごすことがなくなってしまった。こんな出だしから始まる内容は、最後に、日本人には「どうあるべき」や「どうすべきか」で終わってしまう社会から「こうしたい人間」や「これが好き人間」の社会になって欲しいと説く。
<参考>
西欧人における公共に対する考え方、個人個人の生活重視の思考は頻繁に変る国境・支配者の歴史の
中で生活の知恵として固まってきたのだと思います。一方、わが国においては外国の支配を受けなかったことから、為政者は仁徳の追求、国民は組織の中にあって和を貴しとなすを基本的な価値観としてきたため没個性もひとつの生活の知恵だったように思います。しかし近年、経済のグローバル化の進展、内にあっては経済活動の停滞、政治の混迷により、わが国の伝統的思考様式も次第に崩れ、好むと好まざるに関わらず生活防衛のための新たな生活の知恵が求められるようになっています。
新たな日本を創るという観点に立てば良い時代になってきたといえます。
by bonjinan | 2010-11-09 13:26 | 読書