人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

空と宇宙展@上野 sanpo

東京上野・国立科学博物館で「空と宇宙展」が開催されています(~2011.2.6)。
1910年の日野、徳川両大尉によるわが国初の動力飛行に始まる航空機の歴史、
1950年のペンシル型ロケット(長さ23㎝、直径1.8㎝)発射実験に始まる国産
ロケットの歴史を知ることができます。特に、今年の6月に60億kmの宇宙飛行を終
え見事に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の実物大模型、金星に向かって飛行し
ている宇宙ヨット「IKAROS」の帆の予備など展示されています。
ニュース等で知るこうした探査機がどのようなものか知ることができます。
c0192215_13272962.jpg

「はやぶさ」の全体。丸い4個が有名になったイオンエンジンの噴射口。
c0192215_1330695.jpg

 小惑星「イトカワ」の地表サンプル採取用 ホーン。
 弾丸を落とし舞上がるサンプルを採取。カプセルは本体内。
 回収できたカプセルの模型も展示されています(撮影禁止)。
 岩石質の微粒子800個を確認しているようですが、回収後付着したものか
 どうかなど詳細解析中とのことです。
c0192215_1340299.jpg

 宇宙ヨット「IKAROS」の模型。4枚の帆が太陽の光を受けて進む。
 宇宙ヨットは世界初の試み。成功して欲しいものです。
c0192215_13431238.jpg

 IKAROSの帆。これが4枚広がり1辺14mの正方形の帆になる。
 シートは7.5μmととても薄い(髪の毛の太さは約100μm)。
 黒いパネルは太陽電池パネル。
 その他、これらの探査機を支える最先端素材なども展示されています。
 こうした技術を何とか活かして元気ある日本にしたいものです。

参考:国立科学博物館ホームページ 
by bonjinan | 2010-10-29 13:58 | 旅、散歩