人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

マドレーヌ教会@パリ

ヨーロッパの町には必ず町の中心に教会があり広場がある。
大きな町にはカテドラルがありまたこれより規模の小さな教会がいくつかある。
歩き疲れたとき休ませて貰っている。
先日、パリを訪れた際、それまで見るだけだったマドレーヌ教会に入ってみた。
観光コースには入っていないのでとても静か。休ませて貰うには良い。
c0192215_21313712.jpg

この建物、1764年に建設着手した当時はフランス革命などで建設は進まず、
後にナポレンが偉業を示すための殿堂として建設を命じ1842年に完成したもの。
建設当時、周辺は野原で月夜に浮かぶギリシャ風の建物はさながらパルテノン神殿
のようだったという。切妻屋根の正面にはミシュラン・ルメール作「最後の審判」
のレリーフが飾られているのだという。階段の花はとてもきれい。
c0192215_1045950.jpg

重々しい入り口の扉には十戒の彫刻が彫られているとのこと。
入口を入ると、左側にはリュード作「キリスト洗礼像」、右側にはプラディ作
「聖母マリアの結婚像」が置かれている。正面の祭壇、天井画も美しい。
残念ながら内部の撮影禁止。
c0192215_19394649.jpg

教会を出るとブランドショップが繋がる。
日本でも有名なマカロンのラデュレ本店もある。ここでみやげを買う人も多い。
by bonjinan | 2010-10-05 22:08 | 旅、散歩