人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ユングフラウヨッホへの登山鉄道の旅 sanpo

スイス・ユングフラウヨッホ・トップオブヨーロッパへの登山鉄道の旅の記録です。
ルートはラウターブルネン(標高796m)⇒クライネ・シャイデック(2061m)⇒ユン
グフラウヨッホ(3454m)⇒クライネ・シャイデック⇒グリンデルワルト(1034m)。
c0192215_843466.jpg

 ラウターブルネン駅:二本のレールの間に歯車を噛み合わせるレールがみえる。
c0192215_847555.jpg

 シュタウバッハの滝:落差287m
 ラウターブルネンはユンフロウの麓にありながら崖に囲まれているため山頂が
 みえない。そのかわりこうした滝が楽しめる。
c0192215_91312.jpg
c0192215_911937.jpg

 登山電車からみる眼下の景観。スイスに来たなという感じ。
c0192215_935562.jpg

 ユングフッラウヨッホへの乗り換え駅クライネ・シャイデック駅
 後方左がアイガー(標高3970m)、右がメンヒ(4099m)、写真から外れた更
 に右にユングフラウ(4158m)。残念ながら山頂はガスで見えない。
 昨日は麓のインターラーケンからもくっきり見えたのだが・・・。
 これから登山鉄道はこのアイガー、メンヒの胎内のトンネルを登っていく。
c0192215_91268.jpg

 アイガー胎内の駅アイスメーア駅(3160m)
c0192215_9191865.jpg

 胎内駅からみる眼下の景色
c0192215_9213477.jpg

 スフィンクス・テラス(3571m):ユングフラウヨッホ駅を降りエレベータで
 展望台に直行。登山の苦労もなく登れることにびっくりする。
c0192215_9284719.jpg
 
 ユングフラウ(4158m)は雲のなか。山の天気なので仕方なし。
c0192215_932541.jpg

 アレッチ氷河:厚さが約900m、長さ約22Kmもあるという。
c0192215_9342156.jpg

 眼下に広がる雄大な景色
c0192215_935236.jpg

 氷の宮殿
c0192215_9365525.jpg

 電車はグリンデルワルドに向かってアイガー北壁沿いに下る。
c0192215_1326489.jpg

 線路の脇にはアイガー北壁が圧倒的な迫力でそそり立つ。 
c0192215_13272438.jpg

 下るに従ってのどかな気分にさせてくれる景色が広がってくる。
 天気の良い日のハイキングは最高だろう。
c0192215_13283483.jpg

 グリンデルワルト駅
c0192215_1329861.jpg

 グリンデルワルトはアイガー北壁直下の町。夏にはたくさんのアルピニスト、
 ハイカーが集まる。写真奥の白い建物は「日本観光案内所」。日本語で書か
 れているのがとてもうれしい。元気のある日本であって欲しいと思う。
 またたいつの日かのんびりきたいと思う。
by bonjinan | 2010-10-12 09:51 | 旅、散歩