人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ロダン美術館@パリ sanpo

芸術の秋、パリ・ロダン美術館に行ってきました。
このロダン美術館、「近代彫刻の父」と称されるオーギュスト・ロダン
(1840-1917)が没するまでの9年間を過ごした大邸宅で、瀟洒な邸宅内部
と広大なイギリス式庭園に作品がちりばめられている。
パリの個人美術館の中でもっとも美しく見ごたえのある美術館の一つ。

≪美術館内部≫
c0192215_2030372.jpg

c0192215_20324857.jpg

c0192215_20425262.jpg

"Young Girl with Roses on Hat"
c0192215_20494097.jpg

ロダンの弟子で恋人のカミューユ・クローデルの作品"The Age of Maturity,
second version"。他ロダンの収集したゴッホの作品なども展示されている。
c0192215_20511988.jpg

窓辺からみる庭園

≪庭園≫
c0192215_211593.jpg
c0192215_2121739.jpg

広大なイギリス式庭園と秋バラ
c0192215_2185926.jpg

『バルザッック記念像』
c0192215_2111717.jpg

かの有名な『カレーの市民』。『考える人』、『地獄門』などもある。
c0192215_21361455.jpg

庭園の一角にあるとても静かな雰囲気のカフェ。

参考
場所:メトロ13号線VARENNE駅から徒歩2分
ロダン美術館ホームページ

参考:地獄の門のこと
パリ・ロダン美術館と東京・国立西洋美術館にある『地獄門』は松方コレクションで知られる松方幸次郎の資金で鋳造されたもの。

参考:ロダン美術館の絵画
ロダンは絵画を購入したり友人の芸術家と作品を交換したりもしていた。
c0192215_7242520.jpg

写真は展示されていたファン・ゴッホ《タンギー爺さん》1887年夏
背景に浮世絵が描かれていることで良く知れられている。
by bonjinan | 2010-10-06 21:32 | 文化・歴史