人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

アンチ・アンチエイジング

最近、アンチ・アンチエイジングという単語が良く出てくるようになりました。
エイジングは年を取ること、アンチエイジングはその反対語なので年に逆らってで、アンチ・アンチエイジングはそのまた反対語なので単純には取る年に逆らわずとなりますが、ただ時の流れに身を任せようではない。年を取ることを受け入れ、むしろ年を取るほどに愉しみを広げ深めようではないかというようなニュアンスだと思う。そもそも若いからと言っても可能性があるというだけで何もしなければ何もないのと同じ。愉しみの質×量は年齢とは関係がない。病気になる時は若くてもなる。年をとったら起こったことはあるがままに受入れ、物理的時間に拘束されることから自分時間(体内時計)に合わせ興味を持ったことに取り組んでいけば良い。但し好きなようにと言っても若い人と対峙する老人は最悪だ。またその太鼓持ち、カバン持ちを喜んでやる若い人はなお情けない。次世代を担う若い人が厳しい環境を理由としてチャレンジもせずエイジングしていくことがむしろ心配だ。

【参考】
最近読んだ本でアンチ・アンチエイジングの出てきた本
・福岡伸一『動的平衡』木楽舎
・津田秀樹『ジーパンをはく中年は幸せになれない』アスキー新書

(補足)老化とドーパミン
人は経験のないことに直面したり、楽しいことに集中している時、脳内物質のドーパミンを大量に出しニューロンの情報伝達系を活性化する。子供はやることなすことすべてが未経験であるためドーパミンを大量に排出しているが年をとるとともに経験したことから予測するようになり排出が少なくなるという。興味をもったこと、楽しいことに積極的に参加することは、科学的にも老化を防ぐ有効な手段になるということのようだ。まずは散歩すること。季節の変化をはじめ、今まで気付かなかった面白いことを知るだろう。
by bonjinan | 2010-08-12 19:00 | 健康