人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

今週の一冊、水の科学

今週の一冊は、最近、図書館で借りた北野康『水の科学』NHKブックス(2009)です。
長年にわたり水を研究してきた著者が、誰しもが知りたいと思うこと、疑問に思ってい
ること、例えば、地球になぜ水が存在しえたか?、生命を生みだし育んできた水とは?
温暖化との関連は? 等々 各種データを使い最新の話題も盛り込みながら語りかけ
るように易しく丁寧に解説してくれる。水議論の基本書かも知れない。
今年も各地で集中豪雨による被害がでました。参考までに一つデータを抜粋します。
「地球への降水を生成する源としての大気中水蒸気は、河川水の10倍、地球上の水
の総量の0.001%だが、10日間の降水量にしか過ぎない。すなわち水は海から出て
海にもどる激しい循環を繰り返している。」
また「河川水の平均滞留時間は2週間」、日本の河川は世界の河川に較べると流れが
急で短いからもっと少ない。新鮮な水道水を得られる一方集中豪雨で被害もでる。
by bonjinan | 2010-07-20 17:00 | 読書