人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

旧芝離宮恩賜庭園散歩 sanpo

旧芝離宮恩賜庭園入口の七夕飾りに誘われて庭園内を一周してきました。
江戸最古の大名庭園で「回遊式泉水庭園」。池には島、池の周りには築山を配置。
JR浜松町駅北口を出るとすぐ隣が庭園。気軽に四季折々の花々も楽しめる。
c0192215_9232115.jpg

 七夕飾り
c0192215_924324.jpg

 入口を入ると桔梗(キキョウ)の花が。
 俳句では秋の季語、万葉集では山上憶良により秋の七草の一つとして詠まれた。
 「秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花」
 「萩の花尾花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝顔の花」 
 朝顔は桔梗の花のことだと言われている。
c0192215_9391621.jpg

 藪萱草(ヤブカンゾウ)も
c0192215_943956.jpg

 泉水の周りを時計回りに、あずまやに向かって。
 写真左は元海浜ならではの浜木綿(ハマユウ)の花。
c0192215_950272.jpg

 根府川石(安山岩)で岩組された根府川山
c0192215_9554648.jpg

 庭園内で最も高い築山・大山からの眺め。
c0192215_9585268.jpg

 渓流をイメージした枯滝
c0192215_1012815.jpg

 西湖の堤:中国・杭州にある西湖の蘇堤を模した石造りの堤。 
 風光明媚な中国・西湖は詩歌にも詠われ、江戸時代には垂涎の地であった。
 東京の代表的大名庭園・小石川後楽園にも西湖の堤が造られている。
c0192215_10155485.jpg

 百日紅の花が一房、二房
c0192215_10253848.jpg

 蒲(ガマ)の穂:因幡の素兎(しろうさぎ)が花粉で傷を癒したという。
 今は淡水池ですが、かつては潮入りの池。素兎の説話を考えての蒲でしょうか。
 蒲焼の語源にもなる植物。或いは鰻の蒲焼に使ったのでしょうか。
by bonjinan | 2010-07-10 10:43 | 旅、散歩