人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

日本の伝統芸能、狂言

慶応大教養研究センター主催の狂言、及びワークショップを楽しませて貰いました。

【演目】 盆山  【演者】 大蔵基誠、大蔵教義
【荒筋】ある男が知り合いの屋敷に盆栽を盗もうと忍び込むが、主人は盗人の正体
を見破り、いたずらを仕掛ける。隠れているのは犬だ、いや猿だという。
盗人は窮地を脱するためその鳴声で応える。しかし鯉だといわれて、さて・・・・。

短い演目ですが、狂言の特徴とされる「おもしろさ」をたっぷり味わえました。
狂言は今風に言えばトークショーですが、話の大筋と関係のない冗長な表現、動作
をすべて削り、おもしろさのエッセンスだけを演じている。さすが日本の伝統芸能です。
昨今、考え抜いた台本もなくアドリブだけのようなお笑いが多い。おもしろさを静かに
ゆっくり楽しむのもまた良いものです。

参考:大蔵基誠HP
by bonjinan | 2010-07-03 10:56 | 文化・歴史