人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

国を動かす力

鳩山政権は普天間問題をより複雑にしてしまった。残念なことです。
現政権の今後は分らないが、ここしばらく歴代首相の二世三世リーダーが出現して
は消えている。わが国におけるエリートとはいかなるものなのだろうか。

中西輝政「欧米の場合、エリートが愛国者であれば国家は何とか再生するのですが、
日本では一般国民が自ら燃えるような愛国心をもたなければ国が滅びるのです。」
藤原正彦編『九人との対話、日本人の矜持』」新潮社(1997年)より

どうも日本は西欧と社会構造、文化も違い西欧型リーダーを期待しても無駄なようだ。
振り返ってみると幕末の志士たちも下級武士であったし、高度成長期では庶民がマグ
マのようなエネルギーをもってより上を目指して社会を動かした。しかし皮肉なことに
皆が中流と意識し上流階層がエリートを意識してから社会の停滞も始まっている。

補足:ここで言う愛国心は世界に誇れる国にしようとする気持ちの意味。
by bonjinan | 2010-05-29 23:34 | 政治・経済