人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

勝海舟像@墨田

お花見で賑わう墨田川沿いに建つ勝安芳像。
c0192215_20391261.jpg

<像台座の建立の記抜粋>
「勝海舟(通称・麟太郎、名は義邦、のち安房、安芳)は、文政6年(1823年)1月30日、
江戸本所亀沢町(両国4丁目)で、父小吉の実家男谷邸に生まれ、明治32年(1899年
)1月19日(発表は21日)、赤坂の氷川邸で逝去されました。勝海舟は幕末と明治の激
動期に、世界の中の日本の進路を洞察し、卓越した見識と献身的行動で・・・・・」
安芳(やすよし)は勝海舟の維新後の名前である。

勝海舟は世界の情勢を客観的に分析し日本の採るべき進路を洞察する無私の人であ
った。世の中に「無私の・・・」を語るものは多いが、多くは私利私欲を大義名分に脚色
し語る者、大局を客観的に洞察することなく持論で固まった精神論者、何不自由なく過
ごしながら権力願望だけ捨てきれない人、小さくは単なる茶坊主などである。

<坂本龍馬との出会い>
1860年頃、坂本龍馬は、幕府軍艦奉行並・勝海舟の門人になるべく、幕府の政治総
裁職であった松平春嶽から得た紹介状を携え、氷川邸(赤坂氷川神社近く)を訪ねたと
される。春嶽、海舟とも開国を是とする海軍振興論者であり大政奉還論者であった。
by bonjinan | 2010-04-11 20:49 | 文化・歴史