人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

護国寺、雑司ヶ谷散歩

春の暖かい陽気に誘われて護国寺(文京区)から雑司ヶ谷鬼子母神堂(豊島区)まで歩いてみました。
喧騒の街の近くにありながら、安らぐ風景に出会える散歩道でした。

【護国寺】
徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院の発願により1681年に創建された真言宗豊山派の別格本山。
はなやかな元禄時代を思い出させるように寒桜が咲いていました。
c0192215_10403215.jpg
 
    仁王門から不老門を望んで
c0192215_1042558.jpg
 
    不老門から仁王門、音羽通り方面を望んで
c0192215_10455526.jpg

    入母屋造りの本堂(観音堂)。ご本尊は「如意輪観世音菩薩」。
    拝見することはできませんでしたが、右膝を立て座り思惟されているのでしょう。
c0192215_10562012.jpg

    寒桜(安行寒桜)が輝くように咲いていました。
c0192215_1123756.jpg

    元禄期の遺構「薬師堂」の雪柳が満開でした。

【雑司ヶ谷から鬼子母神堂で出会った風景】
c0192215_11125611.jpg

    閑静な住宅街の一角にある「雑司ヶ谷旧宣教師館」
    1907年にアメリカ人宣教師マッケーレブが建てた住居で布教や幼児教育の拠点
    だったとのこと。当時を偲ぶ資料館となり公開されています。
c0192215_11223370.jpg

    雑司ヶ谷霊園に咲くモクレン
    霊園には小泉八雲、夏目漱石、ジョン万次郎など歴史に残る著名人が眠る。
c0192215_11234646.jpg
 
    お地蔵さんが見守っていてくれています。

【雑司ヶ谷鬼子母神堂】
c0192215_11341985.jpg

    「鬼子母神大門ケヤキ並木」
    昭和初期には樹齢400年以上のケヤキ18本があったというが今は4本に。
c0192215_11381936.jpg

    1664年創建の「鬼子母神堂」境内。江戸の空気が流れているようです。
    境内には樹齢約700年という御神木の「おおいちょう」が健在。
c0192215_11493457.jpg

    「鬼子母神本堂」。
    鬼子母神は安産・子育の神様。種の詰まったざくろの絵馬が掲げられています。
    ここの鬼子母神像の特徴は鬼形ではなく羽衣などをつけ、吉祥果を持ち幼児を抱いた
    菩薩形の美しいお姿なことから漢字の鬼の上に角のつかない鬼を用いる。
    ただPCには登録されていないので書けないが・・・。 

(補足)
①ジョン万次郎(1827-1898)、本名:中濱萬次郎、日米和親条約の締結に尽力。②小泉八雲(1850-1904)、本名:Lafcadio Hearn、低い目線で日本文化、日本人の生き方を観察し、文学作品として残した。東京帝大講師時代には学生から深く敬愛され、解雇にあたっては留任運動が起こった。退任後は夏目漱石が後任となった。③夏目漱石(1867-1916)、2016年は没後100年。日清、日露戦争の時代にあって、自分の頭で考えることの重要性を説いたと思われる。個人主義の重要性を自己中心主義との違いにおいて熱っぽく説いている。福沢諭吉の独立自尊とも相通じる思想と理解される。
by bonjinan | 2010-03-18 11:59 | 旅、散歩