人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

早春の清澄公園散歩 sanpo

岩崎彌太郎ゆかりの清澄庭園とその隣の寺町を散歩してきました。
清澄公園では広大な回遊式林泉庭園のあちこちに早春の花が咲いていました。
また清澄通りを挟んで点在する寺院の梅も満開でした。
庭園の梅とはまた違って下町ならではの味わいがあります。

【清澄庭園】
c0192215_1538478.jpg

 清澄庭園:元は江戸元禄期の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられるが
 享保年間(1716-1736年)には下総関宿城主・久世大和守の下屋敷となっていた。
 岩崎彌太郎は、1878年、荒廃していたこの邸地を買取り、社員の慰安、貴賓招待
 の場として造園を開始し、1880年「深川親睦園」を開園。その後、弟・彌之助に引き
 継がれ完成度を高めたという。1932年、東京市に寄贈され今日に至っている。
c0192215_15594272.jpg

 磯渡り:池の端に石を飛び飛びに置き、歩けば池の鯉や水面に映る景色も楽しめる。
 清澄庭園には岩崎家が自社の汽船で全国から集めたという名石があちこちに配置
 されている。さながら石庭の趣きでもある。
 涼亭(1985年改築):対岸の数奇屋造りの建物。1909年、国賓として来日した英国
 の元帥を迎えるため岩崎家が建てたものだという。
c0192215_16125184.jpg

 紅梅の先、中の島のあずまや
c0192215_16255867.jpg

 名石を引き立てるように咲く福寿草
c0192215_16285164.jpg

 中の島の三椏(みつまた)。もうしばらくすると淡黄色の花が咲くでしょう。
c0192215_16311767.jpg

 富士山:園内では最も高い築山。富士山麓のようです。
c0192215_1636189.jpg

 富士山の裾野に置かれた紀州青石
c0192215_16431381.jpg

 涼亭(りょうてい)に咲く山茱萸(さんしゅゆ)。
c0192215_16451383.jpg

 讃岐御影石で造られた山燈篭

【寺町の梅】
 清澄庭園の周りには数多くの寺があり歴史上の人物が眠っている。
 霊巌寺(松平定信)、成等院(紀伊国屋文左衛門)など。
c0192215_17124340.jpg

 霊巌寺の梅。寛政の改革を指導した松平定信が眠る。
c0192215_17433015.jpg

 本立院の梅

 参考:江東区深川江戸資料館は改装のため休館です。
by bonjinan | 2010-03-02 17:47 | 旅、散歩