人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

コロッセオ@ローマ

古代ローマ時代、無産の市民大衆が受けた様々な援助を総称して「パンとサーカス」と言いますが、サーカス(競技場)を端的に象徴する建造物がコロッセオ。このコロッセオの中に入った。
c0192215_20494760.jpg

80年頃建造されたもので、外壁高さ52m、長径188m、短径156m、円周527mの巨大な円形競技場。約5万人を収容したという。この巨大な建造物がわが国の弥生時代に造られたことに驚かざるをえない。
c0192215_20495879.jpg

競技場は競技面(アレーナ)とそれを取り囲む観客席から成る。見えるのはアレーナの地下構造で、猛獣の檻や武器、舞台装置が置かれた地下室が見える。約6mの深さがあるという。
c0192215_2050738.jpg

巨大な建造物を支えるアーチ、柱の大きさにもびっくりします。石のところどころにあいている穴は木を差し込み建造のための足場にした後だという。

コロッセオの横にはフォロ・ロマーノと呼ばれる古代ローマ時代の1000年間、政治、司法、宗教、文化の中心地としての遺跡群が発掘されている。6世紀以降破壊された瓦礫に埋もれていたが、1800年頃から発掘調査が始まり1900年頃現在の姿が出現したという。細かく観るととても1日で回れるものではありません。
by bonjinan | 2009-10-23 21:53 | 旅、散歩