人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

自動車の台数と道路の総延長

低炭素化、無駄な道路は造らないなどの話題が最近、さかんにされる。
これに関連した話題です。
首都圏では車の平均時速約20km、公共交通機関を使った方が早くて正確な場合が多い。
自動車の台数と道路の総延長を調べてみた。

<基礎データ> (集計年)
①自動車保有台数 全国:7543万台(09年)、内東京都:400万台(09年)
②道路の総延長 全国:125万km(06年)、内東京都:2.4万km(08年) 
  
<データを基に算出した面白い数字>
①全ての自動車を道路に並べたら何m間隔でならぶことになるのだろうか?
  道路の総延長×2/自動車保有台数 (全て2車線と仮定) 
  全国:33m間隔、東京都:12m間隔 となります。
  車間距離としては車の長さ分だけ短くなります。
  車の長さが4.5mとしますと東京では7.5mになります。
  東京では4車線道路が多いからもう少し長くはなるだろうが。
②間隔なしで縦列した場合、地球を何周回ることになるのだろうか?
  自動車保有台数×自動車の長さ/地球の円周4万km 
  自動車の長さを4.5mとしますと8.5周となります。
  総道路長/地球の円周では、31.4周になる。
③実際のところ①間隔はどうなのだろうか?
  先日、近くの月極め駐車場の平日駐車台数を調べてみた。
  駐車率は140/228=62%
  契約されていない空きもあるはずなのでこの数字はもっと大きくなるかも知れない。
  自家用で動いている車は概ね1/3とみた。
  こう仮定した場合、実際の車間距離は土日を除き3倍はあることになります。

<コメント>
①台数の多さにびっくりしますが、普段使っていない車の多いことにもっとびっくりしています。
これがGDP2位の実体(実感なきGDPの高さ)かと思うと問題ありではないでしょうか。
②車は便利で単なる移動手段ではないとも言えますが、低炭素化を推進するためには少なくとも大都市圏では公共交通機関の積極的利用が不可欠です。またそうなるように公共交通側の工夫も必要です。
※引用データ
 自動車検査登録情報協会HP国交省道路局HP東京都建設局HP 

参考:国土面積に対する道路密度(世界の道路統計2005)
1位;オランダ(3.4Km/1平方Km)、2位;日本(3.2)、3位;スイス(1.8)、
4位;フランス(1.7) びっくりするほど日本は道路が多い。    

追加2013.10.8
平日駐車台数を前回調査地域で調べた結果、89スペースに対して27台の駐車。
何と駐車率30%。不動産会社によると駐車契約数が最近、激減しているという。
           
by bonjinan | 2009-10-07 11:28 | 生活