人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

新型インフルエンザ

USA TODAY電子版によると、"U.S. public health officials have dropped
the term "swine flu" in favor of "2009 H1N1 flu".
豚、豚というのもいかがなものか、ということでしょう。
インフルエンザウイルスは鳥類、豚など多くの動物が感染する。豚の場合、人、鳥の両方のインフル
エンザに感染する性質があり、体内で混ざったウイルスができる。このため人のインフルエンザに、
豚は大きな関わりを持っている。今回は豚のウイルスを主として、人と鳥のウイルスが混ざっていると
みられていて、スペイン風邪やソ連風邪と同じH1N1型とのこと。
<インフルエンザウイルスの種類>
内部タンパク質の抗原性(抗体をつくる性質)の違いからA型、B型、C型に分類されている。
過去の大流行(パンデミック)はすべてA型で、B型は散発的とのこと。
一方、ウイルスの表面に注目すると、赤血球凝集素(H)とノイラミニダーゼ(N)というたんぱく質の継
ぎ手(普通、これに対する抗体を作ることで感染しない)の組合せ「HA」16種と「NA」9種で、理論上
は16×9=144種があるとされている。
例えば、HAがH3、NAがN2のA香港型ウイルスではA(H3N2)と表わされる。
<過去のパンデミック>
スペイン風邪(1918~19年):H1N1型、アジア風邪(1957~58年):H2N2型、香港風邪(1968
~69年):H3N2型、ソ連風邪(1977~78年):H1N1型。
ところで毎年流行するような季節性インフルエンザに対してはワクチンも用意されているが、突然変異
した新しい型には手が打てない。知識は知識として、まず手洗い、うがいなどできるところから始るしか
ない。

追加2013.4.3
中国で新型鳥インフルエンザによる死者。H7A7型らしい。感染ルートについては、鳥からなのか、
豚経由なのか、人から人なのか確定できていなく。広がり方も予測するに至っていない。
by bonjinan | 2009-05-01 19:20 | 健康