人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

オバマ大統領就任

 09年1月20日、バラク・オバマ氏が第44代米大統領に就任した。米国の現状について、危機に瀕していること、戦時下にあること、経済がひどく衰弱しているとの認識を示した上で、元気を出しアメリカを再生しようと訴えた。また、今、新たな責任の時代と認識し、一人ひとりの米国人が自分たち自身と国、世界に対する責任があると述べた。それにしても就任式には200万人が参加したと報じられている。あれだけ貧富の差がありながらも国民の85%が支持しているという。驚きだ。単純と言えばそれまでだが、いろいろな事情があるにせよ未来の可能性を信じられるとは羨ましい限りである。わが国もその動きを注視するだけでなく、世界にメーセージを発信できる国になりたいもの。

就任演説から抜粋*
①"Starting today,we must pick ourselves up,dust ourselves off,and
begin again the work of remarking America."
私たちは今日から、自らを奮い立たせ、ほこりを払い落として、アメリカを再生する仕事
を、もう一度始めなければならない。
②"We will begin to responsibly leave Iraq to its peopele"
私たちは、責任ある形でイラクをその国民の手に委ねる過程を開始する。
③What is required of us now is a new era of responsibility"
今私たちに求められているのは、新たな責任の時代だ。
*2009年1月24日 朝日新聞より
by bonjinan | 2009-01-21 19:56 | 政治・経済