AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

2018年7月の天候

気象庁が1日発表した2018年7月の天候は次の通り。
①月平均気温
東日本は平年より2.8℃高く、1946年の統計開始以降で最も暑かった。
(例えば東京では7月の平均気温は28.3℃で平年比+3.3℃)
西日本、北日本でも1.6℃高かった。西日本は第2位タイの高温だった。
また熊谷では日最高気温が41.1℃となり歴代全国1位を更新した。
②降水量
東日本は平年並み。
(例えば東京では7月の降水量は107.0mmで平年比の70%)
西日本の太平洋側では梅雨前線、台風大7号の影響で+200%だった。
このため「平成30年7月豪雨」を引き起こした。
沖縄・奄美も平年比291%と多かった。
③日照時間
東日本で平年比156%、西日本で130%、北日本で106%と晴れた日が多かった。
(例えば東京では7月の日照時間は227.2時間で平年比155%多かった)
特に日本海側で多かった。

引用:気象庁ホームページ「報道発表、7月の天候」
[PR]
# by bonjinan | 2018-08-02 07:19 | できごと | Trackback

大田区立龍子記念館

  大田区立龍子記念館を訪ねた。
  龍子記念館は、日本画の巨匠・川端龍子(1885-1966)によって、文化勲章受賞
  と喜寿とを記念して1963年につくられた記念館(1991年~ 大田区立)。
  現在、「ベストセレクション龍子記念館の逸品」(2018.4.28~8.26)開催中。
  伝統的な日本画とは違った迫力ある日本画を堪能できました。
  例えば、《筏流し》1959年、245×727cm
      《虎の間》1947年、245×727cm
      《爆弾散華》1945年、249188cm
      《波切不動》1934年、342×302cm
  川端は、日本画を床の間芸術から会場芸術に、あるいはパブリックアートに変えたと
  評される。巨大な絵ではあるが粗削りではなく軽妙な筆致、色使いには上品さがある。
  館内のスペースも広く、ゆっくり鑑賞できる。また行きたい美術館の一つ。
c0192215_1847364.jpg
  
  龍子記念館、
  写真の右側は龍子公園。旧宅とアトリエが保存されている。

  参考:大田区立龍子記念館ホームページ
[PR]
# by bonjinan | 2018-07-31 18:53 | 文化・歴史 | Trackback

西日本豪雨

先週、記録的な豪雨が西日本を襲った。10日時点までに12府県で死者146人、安否不明者50人超。わが国はなぜこうも自然災害が多いのかと思う。「治水の想定を上回る」が今回も決まり文句のように飛び交った。これまでの想定値はもう意味を為さなくなったことを意味する。恒久的な対策な待っていても危機に間に合わないということだ。行政、地域での地形の点検、確認を含めた防災活動(ハザードマップの確認、どのような場所が危険なのか、危険が逼っている兆候は、逃げ場所、逃げ時はなど)を通しての情報の共有、咄嗟の判断ができるようにしておくことの必要性を改めて感じる。(2018.7.22 時点、死者219、安否不明10)

[PR]
# by bonjinan | 2018-07-10 18:14 | できごと | Trackback

日光山内の風景

  何十年かぶりに日光に行ってきました。
  日光山内(日光東照宮、二荒山神社、日光輪王寺のある一帯)の風景です。
  山内(さんない)は広大で観るべきものが多いことに改めて驚きます。
  参拝順は輪王寺(三仏堂)、東照宮、二荒山神社、輪王寺(大猷院)の順。
c0192215_1717156.jpg

  表参道
  日光山内は標高約630m。東京スカイツリーの高さに相当する。

  <日光輪王寺>
c0192215_1758783.jpg

  日光輪王寺、本堂(三仏堂)
  建物は平成の大修理中。但し堂内では、修理され金色に輝く本尊(阿弥陀如来像、
  千手観音像、馬頭観音像)をまじかに拝むことができる(2018年3月26日~ )。

  <日光東照宮>
c0192215_187199.jpg

  東照宮境内
  石段の先に陽明門、両脇の左に鼓楼、右に鐘楼。
  鼓楼の左には薬師堂があり鳴き龍を聞くことができました。
  かの有名な三猿は表門近く神厩舎の上押上に彫られている。
c0192215_1814338.jpg

  陽明門(国宝) 別名:日暮らし門
  2017年3月、昭和の大修理以来44年ぶりの修理を終え輝きを取り戻した。
  扁額には徳川家康の勅諡号「東照大権現」と書かれている。
  陽明門では逆さ柱もみることができる。
c0192215_18381279.jpg

  唐門(国宝)
  胡粉で塗らた彫刻が見事。
  中国の神話の世界に登場し民衆から慕われたという舜帝などが彫られている。
  ただし説明を受けないと分からない。  
c0192215_19294147.jpg

  左甚五郎作と伝わる「眠り猫」(国宝)
  奥宮に向かう入口にあり。
  牡丹の花に囲まれ日の光りを浴び、うたたねをしている。日光に因んで彫られたという。
  ただうたたねをしている様でもあるがいざという時に備えている様にも見える。
  反対側には雀が彫られ、平和な世の中を表しているとされる。

  <二荒山神社>
c0192215_1959531.jpg

  本社拝殿。手前は茅の輪。

   <輪王寺大猷院>
  徳川三代将軍、家光公の廟所。
  入口の仁王門から拝殿に至る石段は天上界に上るような雰囲気。
  石段がきつくさすがに参拝者は少ない。
c0192215_20222398.jpg

  仁王門(正面)
  手前左側に、比叡山に倣った常行堂、法華堂
c0192215_20254570.jpg

  二天門
  世界遺産日光の境内で一番大きな門。
  急な石段が軽い気持ちでは上るなとプレッシャーをかける。
c0192215_20261437.jpg

  石段の途中から見下ろすに二天門
  まさに天界にきた感じ。
  さらに進むと夜叉門、唐門、拝殿に至る。
  夜叉門では膝小僧の語源となったとする4体の夜叉の一つ「烏摩勒伽(うまろきゃ)」
  (青い色の像)の膝についている白い象をみることができる。
  拝殿で拝み、日光山内の拝観を終わりにした。
[PR]
# by bonjinan | 2018-07-08 17:20 | 旅、散歩 | Trackback

夏は緑、木陰が一番

  梅雨明け前なのに真夏のような暑さが続く。
  木々の緑、木陰が一番。ほっとさせてくれる。
c0192215_18058100.jpg

  丸の内仲通り。休日なので歩行者天国。
c0192215_1844255.jpg
 
  同上、ブリックスクエアー
c0192215_1861021.jpg

  東京ミッドタウン日比谷、東京宝塚劇場前
  街路樹が植えられ心地よくなった。
c0192215_1881582.jpg

  同上、ミッドタウンから見る日比谷公園、皇居の森
  結構、緑が多いことが分かる。
[PR]
# by bonjinan | 2018-06-28 18:25 | 旅、散歩 | Trackback