AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

紅葉@自然教育園

  自然教育園(港区白金台)を歩いてきました。
  コナラなどの雑木が黄葉しモミジがかなり紅葉してきました。
c0192215_16124588.jpg

  色づいてきたモミジ
  カツラの落ち葉を踏んでいるいるのだろうか甘い匂いがしました。
c0192215_16143259.jpg

  モミジのビューポイント(物語の松付近)から見る紅葉
c0192215_16254898.jpg

  園内、武蔵野植物園の黄葉。
  古き良き時代の武蔵野とはこんな風景だったのだろう。
  ここが都心とはとても思えない静かな秋を楽しむことができました。

  参考:国立科学博物館付属「自然教育園」ホームページ
[PR]
# by bonjinan | 2018-12-11 16:51 | 旅、散歩 | Trackback

鎌倉、長寿寺

  北鎌倉、建長寺の近くに「長寿寺」という魅力ある名前の寺院がある。
  余りの紅葉の美しさに境内を覗かせていただいた。
c0192215_19285875.jpg

  春と夏の特別な期間を除いては非公開。
  春(4~6月)、秋(10~11月)の週末(金~日)限定で公開。
c0192215_19314369.jpg

  東門から望む境内の紅葉。
  鎌倉には珍しい華やかな境内でした。
[PR]
# by bonjinan | 2018-12-08 19:36 | 旅、散歩 | Trackback

紅葉@明月院

  鎌倉、明月院の紅葉を楽しんできました。
 「アジサイ寺」として知られる明月院ですが、今は紅葉の見ごろ。
c0192215_18205255.jpg

  本堂の丸窓越しに望む本堂裏庭庭園の紅葉
  アジサイの咲くころには丸窓から花菖蒲を楽しみ、今はモミジの紅葉を楽しむ。
  じっと眺めていたくなる風景。
[PR]
# by bonjinan | 2018-12-08 18:43 | 旅、散歩 | Trackback

鎌倉、英勝寺

  鎌倉扇ガ谷の英勝寺を訪ねた。
  もと太田道灌の屋敷跡に、道灌から数えて4代目の娘、お勝の方(後の英勝院)が創建した
  寺院(1636年)。鎌倉唯一の尼寺。浄土宗の寺院。
c0192215_746710.jpg

  仏殿。本尊は阿弥陀三尊。
  裳階(もこし)と呼ばれる二重屋根、花頭窓(かとう)は典型的な禅宗様式。
  創建以来、一度も火災に遭っていないとのこと。歴史を感じる建物です。
c0192215_811584.jpg

  竹林からみる書院、紅葉
  鎌倉で竹の手といえば報国寺ですが英勝寺の竹林も見事。
  鶴岡八幡宮からも比較的近く、撮影スポットとなっているようです。

  参考:英勝院のこと
  英勝院(1578-1642)は、水戸徳川家初代頼房の継母で、徳川家康の側室。
  彼女を戦場に連れていくと必ず勝つということから、お梶を改め、お勝と呼ばれた。
  家康は縁起をかついで、大阪冬の陣、夏の陣をお勝を伴ったという。
  家康の死後、出家して英勝院と号した。江戸出身。
[PR]
# by bonjinan | 2018-12-08 17:47 | 旅、散歩 | Trackback

ホトトギス、イソギク

  俳句では秋の花、ホトトギス、イソギクが今見ごろ。
  鎌倉・大巧寺の境内に咲いていました。
c0192215_1895838.jpg

  ホトトギス(杜鵑草):ユリ科
  名前の由来は白地に斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることによる。
c0192215_18144756.jpg

  イソギク(磯菊):キク科
  一般には海岸の荒れ地、崖などに自生するが、最近は観賞用としても栽培されている。
[PR]
# by bonjinan | 2018-12-07 17:48 | 季節の花 | Trackback