AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:神奈川 ( 48 ) タグの人気記事

春の小川

 桜が満開の江川せせらぎ緑道(横浜都筑)を歩いてきました。    
 暖かくなり小川を流れる水がどこかさらさらという感じ。植栽されたプリムラもきれいでした。
c0192215_18122271.jpg


 参考:2011.4.28ブログ記事「春の小川@渋谷」

[PR]
by bonjinan | 2015-03-30 18:21 | 旅、散歩 | Trackback

椿の花 sanpo

  椿には早咲き遅咲きなど様々な種類がありますが、多くの種類が咲くのはこれから。
  茅ヶ崎、氷室椿庭園の椿も咲きだしてきました。
c0192215_18571074.jpg

   大虹と言う名の椿

   参考:茅ヶ崎市ホームページ(氷室椿庭園)
[PR]
by bonjinan | 2015-03-10 19:10 | 旅、散歩 | Trackback

色とりどりの花ばな sanpo

 花畑を埋め尽くす色とりどりの花ばな。
 ヤグルマギク、ヒナゲシ(別名、シャーレーポピー、虞美人草)、ディモルフォセカ、
 写真では隠れていますがリナリア(別名、姫金魚草)、ネモフィラ(別名、ルリカラクサ)など。
c0192215_1895414.jpg

  @花菜ガーデン(神奈川県平塚市)
[PR]
by bonjinan | 2013-05-10 18:17 | 季節の花 | Trackback

バラの咲く季節に sanpo

  花の女王、薔薇(バラ)の咲く季節になりました。
  花菜ガーデンのバラを楽しんできました。
c0192215_11464222.jpg

  香しい匂いが流れ、どのバラをみてもきれいでした。
c0192215_11481157.jpg

  「ブルーフォーユー」と名づけられた青みがかった珍しいバラ。
c0192215_11485213.jpg

  花数が多く豪華なバラ。

  参考:神奈川県立「花菜ガーデン」ホームページ  
[PR]
by bonjinan | 2013-05-10 11:55 | 旅、散歩 | Trackback

クレマチス

  クレマチスが咲き出してきました。
  蔓性植物の女王と呼ばれるだけあって美しい。
c0192215_18485730.jpg

  クレマチスはギリシャ語のクレーマ(蔓の意)が語源。
c0192215_197115.jpg

  花弁とみえるのは萼で偶数枚。
c0192215_198973.jpg
 
  メシベ、オシベが変化した八重もある。  
  いずれも花菜ガーデンで撮ったものです。
  参考:花菜ガーデンホームページ
[PR]
by bonjinan | 2013-05-09 20:08 | 季節の花 | Trackback

円筒分水

   先日、府中街道を走行中、「円筒分水」という看板が目についた。
   毎日暑い日が続き水辺が恋しくなり立ち寄ってみた。
   流れる水を見ているだけなのだが、幾らか涼しい気分になってくる。
c0192215_8473729.jpg

   二ケ領用水久地円筒分水
   多摩川から取り込んだ水を、堰を設けて地下水路を通して中央の円筒から湧き上げさせ、
   灌漑面積に比率させた円周上の開口部から、4本の水路に分水する設備。稲作が盛んだった
   ころ、用水を獲得するための水騒動が絶えなく、木製の分量樋にかわって1941年に造られた
   とのこと。川崎市で初めての国登録有形文化財(建造物)。
   Webサイトで調べてみると、方式の違い、規模の大小はあるが、全国各地にこのような円筒
   分水があるようだ。争いごとを鎮めるためにはやはり客観的にみて公平な基準が必要という
   ことを教えてくれる。 
   引用:川崎市教育委員会ホームページ 
   関連ブログ:2010.1.22”次太夫堀公園”
[PR]
by bonjinan | 2012-08-23 09:19 | 旅、散歩 | Trackback

成川美術館@箱根 sanpo

   何年かぶりで成川美術館に入った。
   今、世界各地を取材し画題としている日本画家・柳沢正人展、掛け軸の新たな魅力に挑戦して
   いる日本画家・平岩洋彦展が開催されている。
c0192215_20241959.jpg

   芦ノ湖がまるで絵画のようにみえる@展望ラウンジ
c0192215_20291919.jpg

    美術館前庭園。今、ガクアジサイが満開。
c0192215_20332036.jpg

    同じくテイカカズラと思われる花が満開。

   参考:成川美術館ホームページ  
[PR]
by bonjinan | 2012-07-13 09:44 | 旅、散歩 | Trackback

散歩@箱根湿生花園 sanpo

   箱根湿生花園(箱根町仙石原)を訪ねた。
   草原に湿地が点在する仙石原湿原の一角。遊歩道を進むと、低地から高地へ、初期の湿原から
   発達した湿原へ、それぞれの環境に適した植物を楽しむことができる。
   高原での休日をのんびり過ごすことができた。
c0192215_1154298.jpg

   低層湿原(湖沼の水辺に発達する平坦な湿原)の風景。
   かつて仙石原は芦ノ湖の湖底だったという。
c0192215_11585937.jpg
  
   クガイソウ(九階草):ゴマノハグサ科
c0192215_1221545.jpg

   ホザキシモツケ(穂咲下野):バラ科 
c0192215_1265625.jpg
 
   ニッコウキスゲ(日光黄菅):ユリ科
   穂咲下野と同じく、低層沼地から高層沼地(低温・過湿で塩類の乏しい貧栄養のところに
   できる湿原)に育つ。
c0192215_12233170.jpg

   仙石原湿原植生復元区の風景
   後方、台ケ岳の麓に広がる有名なススキが原が光ってみえる。
c0192215_12305291.jpg

   クサレダマ(草連玉):サクラソウ科
c0192215_12332015.jpg

   オカトラノオ(岡虎の尾):サクラソウ科
c0192215_12362248.jpg

   落葉広葉樹林区の風景。
c0192215_12393157.jpg

   マツモトセンノウ(松本仙翁):ナデシコ科
   雑木林の一角にひっそり咲いていた。

   参考:箱根町観光協会公式サイト”箱根湿生花園”
[PR]
by bonjinan | 2012-07-12 18:03 | 旅、散歩 | Trackback

早朝散歩@仙石原

    早朝の箱根・仙石原を歩いた。
c0192215_748499.jpg

    朝の空気は新鮮そのもの。
c0192215_7574673.jpg

    木々の緑も鮮やか。後方、小塚山。
c0192215_759279.jpg

    今が見ごろの紫陽花。
[PR]
by bonjinan | 2012-07-11 20:10 | 旅、散歩 | Trackback

花菜ガーデン@平塚

 花と緑の花菜(かな)ガーデン(平塚市)を訪ねた。
 広大な敷地に三つのゾーンがあり、フラワーゾーンでは季節の花々、アグリゾーンでは野菜、
 果樹の生育状態が楽しめ、研究棟ゾーンでは園芸、農業への理解が深められる。
 ここでは今が旬の花を中心にアップします。

  <めぐみの研究棟ゾーン>
c0192215_19321348.jpg

  モミジバフウ(マンサク科)の緑が鮮やか。
c0192215_19351958.jpg

  レストランのテラス席からみるグリーンフィールド、芝生の先がフラワーゾーン。
  写真左上の山は大山。

  <フラワーゾーン>
c0192215_19435160.jpg

  今が旬の紫陽花(アジサイ科)
c0192215_1946222.jpg

  ヘメロカリス(ワスレグサ科)、英名:デイ・リリー
c0192215_1953267.jpg

    クレマティス(キンポウゲ科)

  <アグリゾーン>
c0192215_19551340.jpg

  チャペックの家
  園芸をこよなく愛したチェコの作家・チャペックの家と庭をイメージを再現したという。
  代表的著作、カレル・チャペック『園芸家12か月』中公文庫
c0192215_205396.jpg

  ウスベニタチアオイ(アオイ科)、英名:マッシュマロウ
  お菓子のマシュマロの名は根を粉末にして原料にしたことに由来するという。
c0192215_2011087.jpg

  梨の木。写真の奥はチャベックの家。

  
  アクセス等:小田原厚木道路・平塚ICから車で5分ほか
  園内マップなど詳細は花菜ガーデン公式ホームページへ   
[PR]
by bonjinan | 2012-06-27 11:13 | 旅、散歩 | Trackback