AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:夏の花 ( 150 ) タグの人気記事

サルビア・ネモローサ

  まっすぐに伸びる姿が美しい サルビア・ネモローサ。
  バラの花と良く合っていました。 @横浜、山下公園
c0192215_10542668.jpg

  サルビア・ネモローザ(Salevia nemorosa):シソ科
  茎分れしながら直立。群植しても混植しても良さそう。
  
[PR]
by bonjinan | 2017-05-28 11:26 | 季節の花 | Trackback

バラと草花@山下公園

  山下公園を歩いてきました。
  バラと多種類の草花を満喫できました。
c0192215_19453736.jpg

  マリンタワーを背景にバラ、クレマチス、・・・
c0192215_19472167.jpg

  未来のバラ園。バラと草花を一緒に混植、いつでも楽しめそう。
c0192215_19521927.jpg

  氷川丸を背景に、バラ園。

(参考)今、横浜市では”Garden Neklace YOKOHAMA 2017”開催中(3/25~6/4)
「期間中、花や緑が「ネックレス」のように、まち、人、時をつなぎ、美しい横浜を表現
 します。」(ガイドブックより) 詳細は、公式ホームページで。
[PR]
by bonjinan | 2017-05-27 20:09 | 旅、散歩 | Trackback

アリウム・クリストフィー

  不思議なつくりの花、アリウム・クリストフィーが公園の花壇に咲いていました。
  典型的な散形花序の花。自然はよくもこんな複雑な造形をするものだ。
c0192215_175887.jpg

  アリウム・クリストフィー:ユリ科ネギ属
  学名:Allium cristophii、英名:Ornamental onion、Stars of Persia
  学名がそのまま名前として使われているようです。  
  地中海東部、トルコやイラン原産
  写真:横浜・アメリカ山公園 

 (参考)アリウム・ギンガチウム
[PR]
by bonjinan | 2017-05-21 18:10 | 季節の花 | Trackback

オルレア

  最近、よく見るようになった「オルレア」。
  レースのような花房が目立ちますが、純白であることから周りの花も引き立てる。
c0192215_1857880.jpg

  オルレア:セリ科オルレア属  原産地:ヨーロッパ
  日本には最近入ってきた品種。
[PR]
by bonjinan | 2017-05-21 17:48 | 季節の花 | Trackback

フウリンソウ

  風薫る5月。色とりどりの草花が咲きだしてきました。
  その一つ、風鈴草が綺麗に咲いています。
c0192215_1191669.jpg

  フウリンソウ:キキョウ科  原産地:バルカン半島北部
  別名:学名から、カンパニュラ(Campanula medium)、和名の別名で、釣鐘草
[PR]
by bonjinan | 2017-05-21 17:03 | 季節の花 | Trackback

バラ@港の見える丘公園

  初夏の爽やかな陽気に誘われて横浜・港の見える丘公園を歩いてきました。
  整備されたローズガーデンのバラを満喫することができました。
c0192215_17564631.jpg

  横浜市イギリス館前
c0192215_17582954.jpg

  バラのトンネル、大佛次郎記念館前
c0192215_1803780.jpg

  イングリッシュローズの庭入口付近
c0192215_1854085.jpg

  色とりどりの花越しに望むベイブリッジ
  このバラ園の特徴はバラと季節の草花を混植していること。
  いつ来ても楽しめる良さがある。

 (参考)今横浜は第33回全国都市緑化よこはまフェア
    "Garden Necklace YOKOHAMA 2017"開催中(~6.4)
    街のあちこちで花と緑が楽しめます。公式ホームページ

 (参考)横浜山手西洋館ミニュチア
  第33回全国都市緑化よこはまフェア(上記)に合わせ港が見える丘公園広場に
  精巧に制作された1/50モデル数棟が展示されています。
  いつもは建物の正面とか横からしか見えなかったものが立体的に観察できます。
c0192215_1215438.jpg
 
  例、べーリックホール
  
 
[PR]
by bonjinan | 2017-05-20 18:26 | 旅、散歩 | Trackback

矢車菊

  初夏のような陽気。公園の花壇も色彩豊かな花々が目立つようになってきました。
  矢車菊もその一つ。深みのある青が目を引きます。
c0192215_1853715.jpg

  ヤグルマギク:キク科  英名:Cornflower
  矢車菊にまつわる話
  ①最高級のサファイアの色味を「コーンフラワーブルー」というのだそうだ。
  ②マリーアントワネットの愛した花で食器、ソファー、ベッドカバーなどにも描かれた。
  ③歴史を遡るとツタンカーメン(紀元前14世紀)の棺に副葬品として納めれれていた。
  
[PR]
by bonjinan | 2017-05-11 18:08 | 季節の花 | Trackback

メランポディウム

  公園の花壇に咲いていた”メランポディウム”
  夏の暑さに強く花期が長い。
c0192215_17551858.jpg

  メランポディウム(melampodium):キク科  名前は学名の属名。
  サンビタリア(ジャノメ菊)は中心がヒマワリのように褐色。
  メランポディウムはサンビタリアに比べて葉っぱが大きい。
  キク科には多くの種類があり、違いも微妙なので名前を特定するのが難しい。
[PR]
by bonjinan | 2016-09-01 18:05 | 季節の花 | Trackback

ペンタス

   夏の暑さに負けず元気に咲き続ける「ペンタス」。
c0192215_15304882.jpg

   ペンタス(pentas):アカネ科  和名:クササンタンカ(草山丹花)
   花期が長く(初夏から仲秋)丈夫なことから花壇の花として好まれている。
   最近、よく見かける花になりました。写真は新宿御苑のペンタス。
   名前の由来は、花びらが5つに分かれていて、ギリシャ語のペンタ(Penta=5)から
   ペンタス(Pentas)と呼ばれるようになったという。
   和名は、花がサンタンカ(アカネ科)に良く似ていることから。
[PR]
by bonjinan | 2016-08-31 15:43 | 季節の花 | Trackback

ベニヒモノキ

  台風一過の青空。新宿御苑を歩いてきました。
  ひときわ目立って咲いていたのが「ベニヒモノキ」。
c0192215_180434.jpg

  ベニヒモノキ(紅紐の木):トウダイグサ科 (英名:chenille copperleaf)
  名前の由来は見ての通り赤色の組紐のような花が長く連なって咲くことから。
  熱帯から亜熱帯の常緑低木なので越冬は温室ということになるのだろう。
  外で見るのは初めてでした。
  なおベニヒモノキより花房が小ぶりなキャットテール(猫の尻尾)は近縁種。
[PR]
by bonjinan | 2016-08-31 14:52 | 季節の花 | Trackback