AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

紅葉@談山神社

 奈良、桜井市多武峰(とうのみね)の山中に紅葉の名所「談山(たんざん)神社」がある。
 祭神は藤原鎌足。社名は中大兄皇子とこの山中で蘇我氏討伐の密談をしたという伝承に由来する。
 大化の改新発祥地とされる。今は関西有数の紅葉の名所。
c0192215_19142558.jpg

  石段(140段)から望む楼門(重文)、拝殿(重文)
c0192215_19245878.jpg

  拝殿からみる境内。
c0192215_19261426.jpg

  本殿(重文)。701年創建、1850年再建。
  極彩色の模様や花鳥などの彫刻は日光東照宮造営のお手本になったという。
c0192215_1931867.jpg

  十三重塔(重文)。678年建立、1532年再建。
  木造13重塔としては世界唯一。高さ約13m。談山神社のシンボル。

  場所:奈良県桜井市多武峰319
  アクセス:近鉄・JR桜井駅南口からバスで約25分
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-23 19:46 | 旅、散歩 | Trackback

長谷寺

 大きな「十一面観世音立像」を本尊とする長谷寺(奈良県桜井市初瀬)を訪ねた。
 「花の御寺」としても有名で、特に牡丹の名勝地。
 平安時代には初瀬詣としてにぎわい、『源氏物語』などの古典にも残されている。
 今ごろの季節には万葉歌人、大伴坂上郎女の歌が似合う。
 「こもりくの泊瀬の山は色づきぬしぐれの雨は降りにけらしも」
 *古くは泊瀬とも表記し”はつせ”と発音した。
c0192215_1554147.jpg

  本堂(国宝)を臨んで
  本堂では秋の特別拝観中(高さ10m超の観音様のおみ足に直接触れられる)。   
c0192215_15563744.jpg
 
  五重塔。戦後に日本で初めて建てられた五重塔。高さ約21m。
c0192215_11582375.jpg

  登廊(のぼりろう)。仁王門から本堂まで連なる399段の石段。
  初夏には登廊の両側に牡丹が咲く。  
c0192215_1616311.jpg

  牡丹のような大きな花をつけた山茶花。

 参考:長谷寺ホームページ
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-23 17:04 | 旅、散歩 | Trackback

紅葉@室生寺

 女人高野として名高い室生寺(奈良県宇陀市)を訪ねた。
 紅葉もさることながら、諸仏を心静かに拝むことができました。
 以下、仁王門から本堂に向かうルートに従って。
c0192215_1144829.jpg
 
  仁王門。
c0192215_11463173.jpg

  金堂に至る鎧坂。
c0192215_1154663.jpg

  金堂(国宝)。
  中尊に釈迦如来立像(国宝)、向かって右に薬師如来像(重文)、地蔵菩薩像(重文)、
  向かって左に文殊菩薩像(重文)、十一面観音菩薩像(国宝)。
  中でも十一面観音立像は少女のような愛らしさで人気のある仏像。
  一方で、気高さ、包容力も感じさせる魅力ある仏像である。
c0192215_1211915.jpg

  本堂(国宝)。
  本尊・如意輪観音坐像(国宝)
c0192215_1292286.jpg

  五重塔(国宝)。総高16.1m。野外に建つ五重塔では最小。
  室生寺のシンボル的建造物。初夏には石楠花が彩を添える。

  参考:室生寺ホームページ、 JR東海「うましうるわし奈良、室生寺編」

[PR]
# by bonjinan | 2016-11-23 12:17 | 旅、散歩 | Trackback

安倍文殊院

 奈良、桜井市街に日本三大文殊のひとつ「安倍文殊院」がある。
 大化の改新時に左大臣となった安倍倉悌麻呂によって645年に創建された寺院。
 奈良時代の遣唐使留学生・安倍仲麻呂、平安時代の陰陽師・安倍晴明出生の寺院でもある。
 鎌倉時代・仏師快慶に造立された「渡海文殊菩薩群像」(国宝)は必見。
 台座を含めて総高約7mに達する「騎獅文殊菩薩像」には圧倒される。
 4人の従者のうち「善財童子像」は手を合わせ、後ろを振り向きながら歩く姿が微笑ましい。
 童子が53人の善知識(仏教の優れた理解者)を訪ねる様子だという。
 ちなみに東海道53次の宿場の数は、この物語に由来するとか。
 仏様の知恵を授かるというよりボケ封じを願って参拝した。  
c0192215_21535077.jpg

  安倍文殊院境内。天橋立・知恩寺、山形・大聖寺と並び日本三文殊霊場。
c0192215_22112512.jpg

  本堂。
c0192215_22151116.jpg

  文殊池に浮かぶ金閣浮御堂。安倍仲麻呂、安倍晴明を祀る。
  歌碑には「安倍仲麻呂、望郷之詩、天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」
  百人一首にもある歌。
  仲麻呂が遣唐使の任を終え帰国する際、中国の明州(浙江省寧波)の海辺での送別の宴で
  詠んだ歌とされる。異国で数十年過ごした後の望郷の思いが詠われている。しかし船は難破
  事故で引き返し、生涯日本に帰ることはなかった。

  参考:安倍文殊院ホームページ
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-23 11:29 | 旅、散歩 | Trackback

紅葉してきた蔦の葉

  色づき始めたナツヅタとこれからのイチョウ
c0192215_18525488.jpg

  ナツヅタ:ブドウ科ツタ属  英名:Japanese Ivy、Boston Ivy
  @立教大学キャンパス
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-15 18:40 | 季節の花 | Trackback

睡蓮の庭@池袋

  池袋でちょっと寄り道。
c0192215_22234474.jpg

  西武池袋本店本館9階、モネが愛した「ジヴェルニーの庭」風「睡蓮の庭」
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-15 16:21 | 旅、散歩 | Trackback

コスモス

  小春日和の午後。学園祭の開かれているキャンパスの中庭。
  学生たちの素晴らしい音楽にコスモスもスイングしているようだった。
c0192215_1905496.jpg
 
   @洗足学園音楽大学キャンパス
[PR]
# by bonjinan | 2016-11-13 19:07 | 季節の花 | Trackback