AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

中欧の秋

 中欧を旅行してきました。例年は札幌より寒いはずなのですが、旅行中はむしろ東京より暖かい
 陽気に恵まれ、各地で美しい黄葉を楽しむことができました。ここでは街の中で黄葉をたっぷり
 楽しめたスロバキアの首都、ブラチスラヴァの風景を中心にアップします。
c0192215_9404651.jpg

 大通りの黄葉。後方に有名なカールトンホテル。
c0192215_9493240.jpg

 上の写真と同じくスロバキア国立劇場に通じる公園のような大通りの風景。
c0192215_9535970.jpg

 ブラチスラヴァ近郊の黄葉と菜の花畑
 菜の花畑は中欧のあちらこちらに点在していました。
 菜の花は夏播きの西洋油菜で菜種油はディーゼルエンジンの燃料などに使われ、
 欧州では環境対策、休耕地活用として積極的に栽培されたもの。

 補足:欧州の紅葉
 ヨーロッパではカエデのような赤く染まる葉っぱの紅葉はなく黄色い葉っぱの黄葉。
[PR]
# by bonjinan | 2017-10-25 10:20 | 旅、散歩 | Trackback

『日の名残り』

カズオ・イシグロの著作を初めて読みました。
土屋政雄訳『日の名残り』早川書房です。原題は”THE REMAINS OF THE DAY”.
話の舞台は第二次世界大戦前後の英国が舞台。政治の舞台裏を描いたノンフィクション小説かと思わせるがそうではなく、誰しも考えるであろう普遍的なテーマ”人生とは何か、どう生きるべきか”に焦点をあて考えさせる小説と思えた。物語は3つの大きな出来事(提案、行動、意見)があり転回していく。だが登場人物はどのような思いから提案したり行動したり、また語ったのかは想像するしかない。しかしその時の感情、心情まではっきり書かないことでむしろ物語を味わい深いものにし、また品格あるものにしている。第1はダーリントンホールの新たな持ち主、主人となって間もないファラディ氏が執事・スティーブンスになぜ英国国内旅行を勧めたのか。第2は物語のタイトルとも関係する最も重要な部分だが、ダーリントンホールの元女中頭・ミス・ケントン(ベン夫人)はなぜクリスマスカードのような儀礼的なものではなく不遇の中で過ごしているともとれる内容の手紙をスティーブンスに送ったのか。結論からすればいろいろ迷いながらもスティーブンスとの明確な決別の機会を持ちたかったからと考えられるが本当にそうだったのか。そうではない転回も想定していたのだろうか。第3は旅行の最終日、ウェイマスの海辺の遊歩桟橋で出会った男の言葉「人生、楽しまなくちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、のんびりするのさ。」をスティーブンスはどう捉えたか。この部分は現役から引退する時期に必ず向き合いそうしたいと思う言葉である。しかしスティーブンスはジョークを学びファラディ氏との新たな関係を築こうと意気込む。執事の物語としては完璧に近い話であるにしてもその選択に迷いはなかったのか、ファラディ氏のスティーブンスへの旅の提案は引退への勧告、いわば実質的肩たたきではなかったのかなど疑念がわかなかったのだろうか。ほかの選択肢もあったのではないかなど、わが身に投げかけられた問題と誤解させるほど引き込まれる小説であった。しばらく読後の余韻を楽しみたいと思う。最後に訳文のこと。とかく訳文は著者の思いとは違った意訳が入り込み読みにくいのが常ですが、本書は訳文が原文かと思わせるほど滑らかなに翻訳されている。訳者の力量を称賛したい。
[PR]
# by bonjinan | 2017-10-12 17:47 | 読書 | Trackback

秋の横浜、街歩き

  秋の横浜を歩いてきました。
  中華街、元町、山下公園、日本大道りどこも賑やかでした。
  いつ来ても楽しい。
c0192215_22334817.jpg

  国慶節慶祝パレード
  中国獅子舞や民族衣装を披露しながら中華街をパレード
c0192215_22452829.jpg

  山下公園から望む大桟橋方向
  大型客船・ダイアモンドプリンセス、にっぽん丸が接岸中。 
c0192215_2246947.jpg
 
  日本大通り
  今日は保護犬ふれあい会を中心としたイベントとか。
  日本大通りの先、横浜スタジアムではCSを賭けた試合が行われている。
[PR]
# by bonjinan | 2017-10-01 22:57 | 旅、散歩 | Trackback

秋明菊

  秋、菊の字が含まれるせいだろうか、私にとっては秋を代表する花の一つ。
  公園の脇で静かに咲いていました。
c0192215_2045383.jpg

  シュウメイギク:キンポウゲ科  別名:貴船菊
  花びらに見えるのは萼片が花弁状になったもの。
[PR]
# by bonjinan | 2017-10-01 20:15 | 季節の花 | Trackback

実りの秋、栗

  栗の実(正確には実を包む殻斗、いが)が大きくなっています。
c0192215_6291996.jpg

  クリ:ブナ科 
  実は広義に解釈すればドングリの一種。
  一般に言うドングリとの違いは何といっても食用に適していること。
  信州小布施で栗ご飯を頂いてきました。
  今、北斎館では「北斎漫画の世界」展(2017.9/2~11/27)が開かれている。
[PR]
# by bonjinan | 2017-09-18 06:47 | 季節の花 | Trackback