AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

多摩川の春

  多摩川河川敷を歩いてきました。
  西洋芥子菜、浜大根の花が土手や河川敷にいっぱい咲いています。
  河川敷の雪柳も見ごろ。河川敷にも春がやってきました。
c0192215_13424198.jpg

  セイヨウカラシナ(黄色い花)、ハマダイコン(白、淡い紫の花):アブラナ科
  油菜と芥子菜の違い。油菜は葉の付け根の部分が茎を抱くように付いている。
  一方、西洋芥子菜の葉は茎を抱かず広がる。花の色は両方とも黄色。
  @二子玉川公園付近

余談:こんなのどかな風景も見られなくなるかも知れないということ。
菜の花の太い根が腐るとミミズが集まって穴ができ、ミミズをエサにするモグラ、モグラを捕食するキツネが穴を拡げて堤防を傷つけ、夏場の増水で河川が決壊する原因にもなりかねないとして、国交省は堤防の補強策として菜の花の駆除と芝生への植え替えを進めている。(2017.5.1付日経)
   
[PR]
# by bonjinan | 2017-04-02 13:51 | 季節の花 | Trackback

花桃

  遅咲きの花桃が今年も咲きだしてきました。
  桜(染井吉野)も咲きだしほんとうに良い季節になってきました。   
c0192215_1562596.jpg

  ハナモモ:バラ科
  桃は弥生時代に渡来し『古事記』にも記されているように古くからある植物。
  万葉集には「春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」(大伴家持)がある。
  但し観賞用の花桃として改良されたのは江戸時代に入ってからだという。
  写真の桃は一本の木ながら白と桃色の花が咲く。
  易変遺伝子(突然変異率の高い遺伝子)を含んでいるのだそうです。
[PR]
# by bonjinan | 2017-03-28 15:16 | 季節の花 | Trackback

パンジー sanpo

  春到来。殺風景だった公園の花壇がにぎやかになってきました。
  パンジーの青紫が鮮やかでした。
c0192215_18223563.jpg

  パンジー:スミレ科  別名:三色スミレ  英名:Pansy
  @横浜、港の見える丘公園
[PR]
# by bonjinan | 2017-03-07 18:33 | 季節の花 | Trackback

沈丁花

  春の訪れを香りで知らせる沈丁花が咲きだしてきました。
c0192215_2032187.jpg
  
  ジンチョウゲ:ジンチョウゲ科    英名:Winter Daphne
  名前の由来は香木の沈香のような良い匂いがし、丁子のような花をつけることによる。
  金木犀(キンモクセイ)、梔子(クチナシ)と並び三大香木の一つ。
  香りの広がりでは一番ではないでしょうか。 
  花木は見えなくてもどこからともなく匂いが漂ってくる。
  @横浜山手、横浜地方気象台前
[PR]
# by bonjinan | 2017-03-05 20:06 | 季節の花 | Trackback

梅と桜と@新宿御苑

 新宿御苑を歩いてきました。梅が咲き早咲きの桜(寒桜)がみごろ。
 冷たい風が吹いていますが春は着実に近づいている。
c0192215_1672716.jpg

 日本庭園の梅。
c0192215_1693634.jpg

 同じく日本庭園のカンザクラ。
 寒桜にも1月頃から咲くものもあれば今ごろ咲くものもありいろいろ。
 修善寺寒桜、オカメ桜、河津桜も咲いていました。
 その他、春の訪れを象徴するフクジュソウ、サンシュユも見ごろ。
[PR]
# by bonjinan | 2017-02-21 16:22 | 旅、散歩 | Trackback

しまなみ海道

 しまなみ海道(愛媛県今治市~広島県尾道市)のうち愛媛県側の島を回った。
 (県境は多々羅大橋で、大三島側が今治市、生口島側が尾道市)
 天気が良く、風もなく、観光には最高の陽気だった。
c0192215_17493094.jpg
 
 来島海峡SAから望む来島海峡大橋方向
 来島海峡大橋は来島海峡を挟んで今治と大島間に架かる。
c0192215_1757030.jpg

 村上水軍博物館(大島)から望む伯方・大島大橋方向
 村上海賊(村上水軍)のこと
 14世紀頃から瀬戸内海で活躍した一族。能島・来島・因島に本拠をおいた三家からなる。
 最近は「水軍」ではなく古文書などでも記されてきた「村上海賊」と呼ぶことが多いという。
 村上水軍については多くの歴史物語が残されているが、毛利元就に歴史的大勝をもたらした
 1555年の厳島の戦いは有名だ。 
c0192215_18191018.jpg
 
 伊予国一の宮、大山祗(おおやまづみ)神社(大三島)
 海や山の神として、水軍、朝廷や武家の信仰を集め、戦勝の御礼に武具、甲冑などが奉納
 された。宝物館には国宝、重要文化財が数多く収納、展示されている。
 境内には樹齢2000年とも3000年ともいわれるクスノキの巨木(ご神木)がある。

関連ブログ:2009.5.26”しまなみ海道”

[PR]
# by bonjinan | 2017-02-20 07:09 | 旅、散歩 | Trackback

愛媛、道後温泉

  道後温泉に何年振りかで浸かってきました。
  いい湯でした。石手寺にもお参りしてきました。
c0192215_12561877.jpg

  道後温泉本館(1894年竣工)
  道後温泉は文献に表れるわが国最古の温泉。中でも道後温泉本館は町のシンボル的存在。
  夏目漱石が通ったことで一層有名にしている。
  この歴史ある建物がえひめ国体終了後の今年10月頃から耐震補強工事に入るという。
  道後温泉の顔であるが故に、全館休館にして工事するのか、営業しながら工事するのか、
  最終決定に至っていないという。いづれにしても約10年はかかるという。
  今回は入館入湯しなかったがとりあえず外観を見ることができて良かった。
c0192215_13213331.jpg

  四国霊場、第51番札所「石手寺」(いしてじ) 本尊:薬師如来
  石手寺は、遍路の元祖とされる「衛門三郎」再来伝説ゆかりの寺。
  薬師如来さまには健康のことなどいろいろお願いした。
[PR]
# by bonjinan | 2017-02-19 13:36 | 旅、散歩 | Trackback