AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

バブルの物語

ジョン・K・ガルブレイス著「バブルの物語」(日本語訳本)ダイヤモンド社(2008.12)が発売されている。1991年に発売された初版をほとんど訂正することなく復刊されたものとのこと。
今読んでもとても18年前の著作とは思えないほど金融バブルとその本質を鮮やかに描いている。
「陶酔的熱病(ユーフォリア)=金融バブル」は繰り返し起こる現象であり、それにとりつかれた個人、企業、経済界全体を危険にさらすものだ。予防の働きをする規制は明らかな形では全く存在しえないのであって、個人的、公的な警戒心を持つこと以外に予防策はない・・・・」。
その本質の第一として、「金融に関する記憶は極度に短いということである。その結果、金融上の大失態があってもすばやく忘れさられてしまう。またさらにその結果として、ほとんど同一ないし同様な状況が再現する」と述べている。事実、01年ITバブルの崩壊からいくらも経っていない内に、今回のバブル崩壊はおきている。第二の本質として、「金と知性とが一見密接に結びついているかのように思われていることである。あらゆる自由企業性的な態度においては、個人が所有もしくは関係する所得とか資産とかいう形での金が多ければ多いほど、彼の頭脳の働きは機敏で鋭い、と考える強い傾向がある。金こそ資本主義的成功の尺度である。金が多いほど成功の度合いも大であり知性もすぐれている、というわけだ」と述べる。本項もその通りだと思う。金融を語るエコノミストの番組も多くの人がみる。頭の良い人はどう考えているんだろうかと。また儲けた人はいかにも世の中の動きを的確に掴み先取りしたんだと自慢話として語る。しかし損すると何も語らず、失敗の原因は闇の中に葬られる。今、バブル崩壊の影響が深刻になっている。しかし次のバブルの芽はどこかででている。またそれが経済回復のトリガーになることもある。資本主義は歴史的にも否定できないしくみではあるが、こうした病根も持っています。病根を徹底的に追求し制限すると資本主義の自己否定になるからまた誰もそこまでは追求しない。バブルは繰り返すだろう。しかし世の中に有用なものを生み出すこと、提供することがあくまでも基軸でなくてはならない。
メモ:John Kenneth Galbraith(1908-2006)、カナダ生まれ。
カルフォルニア大学バークレー校にて経済学博士号取得、ハーバード大学教授、アメリカ経済学界会長など歴任。
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-24 09:16 | 読書 | Trackback

オバマ大統領就任

 09年1月20日、バラク・オバマ氏が第44代米大統領に就任した。米国の現状について、危機に瀕していること、戦時下にあること、経済がひどく衰弱しているとの認識を示した上で、元気を出しアメリカを再生しようと訴えた。また、今、新たな責任の時代と認識し、一人ひとりの米国人が自分たち自身と国、世界に対する責任があると述べた。それにしても就任式には200万人が参加したと報じられている。あれだけ貧富の差がありながらも国民の85%が支持しているという。驚きだ。単純と言えばそれまでだが、いろいろな事情があるにせよ未来の可能性を信じられるとは羨ましい限りである。わが国もその動きを注視するだけでなく、世界にメーセージを発信できる国になりたいもの。

就任演説から抜粋*
①"Starting today,we must pick ourselves up,dust ourselves off,and
begin again the work of remarking America."
私たちは今日から、自らを奮い立たせ、ほこりを払い落として、アメリカを再生する仕事
を、もう一度始めなければならない。
②"We will begin to responsibly leave Iraq to its peopele"
私たちは、責任ある形でイラクをその国民の手に委ねる過程を開始する。
③What is required of us now is a new era of responsibility"
今私たちに求められているのは、新たな責任の時代だ。
*2009年1月24日 朝日新聞より
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-21 19:56 | 政治・経済 | Trackback

定額給付金

定額給付金問題が連日議論されている。国の政治経済のあり方に、これほど多くの国民を参加させて
くれのは最近では珍しいのではないでしょうか。あまりの愚策にやはり国民が主人公にならねばならな
いと思わせてくれた点でたいへん意義があったと思います。話は簡単で、毎日の生活費に困っておら
れる方は何らかのかたちで使わざるをえませんし、そうでない人は毎月の生活費の余剰として残すか
どうか位の話です。一時的に消費が増えたとしても、将来に渡って持続していくものでもありません。
堀内都喜子さん*が著書「フィンランドの豊かさのメッソッド」で、官民一体となって産業の復興に当たっ
たこと、人材育成のため教育に注力したこと、安心して暮らせるための医療制度改革等、20年前のバ
ブル崩壊を契機にして国際競争力世界一にした道のりが紹介されています。お金は天下のまわりもの、
お金を与えればお金がまわって景気は回復するなどのん気なことではないと思います。宵越しの金は
持たないと言っていた鎖国時代の平和な江戸ではないのです。もっと暮らしやすい社会のしくみにす
る観点から目的をもって役立てた方が良いのではないでしょうか。
*堀内都喜子「フィンランドの豊かさのメッソッド」集英新書
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-18 08:00 | 政治・経済 | Trackback

理系離れ

近年、理系学部への進学希望者が激減していると云う。知り合いの大学教授によると、
特に、工学系志望者は激減していて講座数の削減等いわばリストラに晒されているの
だと言う。学生にとっては入学し易くなったため、昔に比べるとレベルが落ちて、授業を
殆ど理解できない学生が目立つという。先生からするとそれでも学生をお客様扱いしな
ければならないという。真に嘆かわしい限りです。
今は不景気の真っ只中にあるので余り話題にもなりませんが、定職に就かずPCに張
り付きで何億稼いだとか、TVをみるとエコノミストが経済がどうなるこうなるとか責任も
もてないことをもっともらしく解説し生計を立てているのをみますと、自分もそうなりたい
と思うようにもなるのでしょう。また貯蓄から投資へなどと宣伝されると一層その気にな
るのでしょう。しかし良く考えてみると、金融立国などということはありえないことです。
勿論、投資には資金さえあれば世の中のためになる仕事ができる可能性がありこれを
支援する本来の投資活動もあります。しかしそんな人たちは極まれ、そうならば投資先
と運命共同体で取り組まねばならないはずでTVであれこれ解説している暇などないの
です。多くは何の哲学もない時間差の利ざや稼ぎだけです。
永遠に投資する側と投資を受ける側に主従関係がない限りそれで生きるなどありえない
話です。わが国の国力維持のためには一歩進んだ技術開発による貿易が不可欠なの
です。理系志望者が少なくなることは少子化と合わせ亡国の道なのです。
消費をどう刺激するかなど議論しても時間の無駄です。
不要不急なもの,価値を認めるもの以外には誰もお金を使わないだけなのです。
将来に向けての夢、希望、満足感の得られる対象ならば無理をしてもお金は動くのです。
何も生み出さない人たちの解説などその場限りで何の役にも立たないのです。
日本人は日本人らしく生真面目に良いものをつくるの姿勢を追求することです。
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-16 21:31 | 生活 | Trackback

選択と集中

企業の損益が悪化してくると必ずと言ってよいほど選択と集中という言葉が出てきます。事業、製品ごとの損益をみて悪い分野から撤退し良い分野だけに集中しようとするもので、限られた資源の中でやるわけだから当然です。しかしほとんどの場合、現在のお客様との関係、社内状況等分析されないまま数字だけみて議論されている。利益があがっていて、これからそれに集中しようとしているものでも、お客様が真に良いと思って購入されているのかどうか、お客様は時間と工数をかけてまで他社品に換えるほどのこともない程度の評価しかしていない可能性もある。また市場全体として成長する可能性があるのかどうか、技術革新によっては市場が一気に衰退することも念頭に吟味する必要がある。一方、赤字事業でもお客様からみると替えがたいものであり好意的に受け取られ使い続けているのかも知れない。社内分析もより重要。単に決算内容だけではなく、これまでのノウハウの蓄積、取り組んでいる人たちがどれほどやる気を持っているかどうかがもっと問題だ。今は良くても技術力がなければ、いずれ一気に衰退してしまう。いずれにせよ、元々多角化は不景気に備えて取り組んでいたはずです。不況になって初めて選択と集中を議論するようでは普段真剣に事業に取り組んでいなかった証拠と思った方が良い。
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-14 19:54 | 企業・起業 | Trackback

リーダーに求められる資質

わが国の首相が二代続けて任期途中で放棄、選挙の顔として後を引き継いだ麻生首相も支持率が急降下一体リーダーに求められる資質は何なのでしょうか。世の中が安定していれば良識ある人であれば誰でも良いのでしょうが、混乱の時代ではやはり未来を託したくなるリーダーを求めたくなります。
改めて塩野七生著「ローマから日本が見える」*を読み直した。
「指導者に求められる資質は次の五つである。知力。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意志。カエサルだけが、このすべてを持っていた」(イタリアの普通高校で使われる歴史教科書より)として紹介され、古代ローマ史上の人物を採点されています。また日本のビジネス誌などでよくとりあげられる決断力、実行力、判断力などは当然持ち合わさねばならない資質で取り上げるまでもないと仰られています。わが国の政治について見ます。今日の混迷も昨日今日始まったわけではなく、これまでの施策の何が良く何が合わなくなってきたか、この分析を踏まえて何をどう変えようとしているのか、利害関係にどう影響してくるのか、外国とはどんな軋轢を生じるのか、また納得頂き巧く調整できるのか、などまさに知力、説得力、気迫なくしては何もできない状況にあります。わが国でのリーダー選定は、どうも儒教文化圏にあるためか人望とか徳と結び付き、また一方では直近の解決を急ぐあまり人気、調整能力型がイメージさてれいます。好むと好まざるに関わらず国政においても企業においても国際化なくしては存続し得ない環境にあり、普遍帝国、古代ローマ史から学ぶことが多そうです。
*塩野七生「ローマから日本が見える」集英社文庫
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-13 22:11 | 文化・歴史 | Trackback

はじめに

昨年第三四半期に顕在化してきた世界的不況もすっかり忘れるほど穏やかな新年を迎えることができた。松下幸之助が「好況よし、不況さらによし」と言った。100年に一度と言われる不況であればなおさらのこと面白い年にしたい。個人的にも今年で会社生活を終え、やっと自由で面白い年になりそうだ。ブログを書くことを通して記録したい。 2009年元旦
c0192215_22475712.jpg
 
[PR]
# by bonjinan | 2009-01-01 22:49 | 生活 | Trackback