AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

宇宙論を垣間見る

池内了『宇宙論と神』集英社新書(2014.2)
望遠鏡の発明を機に、人々が認識する宇宙は太陽系を越え、銀河宇宙へと広がった。さらにはそうした宇宙が数多く存在するというようなことが言われるようになった。宇宙は神が創造したとするならばはたして神はどこにおられるのか。人々の知見の広がりとともに遠くに行ってしまうのか、そんな論調で宇宙論の発展を解説してくれている。ここではハッブルとアインシュタインにまつわるエピソードをピックアップしたいと思う。まずハッブルから。宇宙が膨張していることを観測結果から決定的に突き止めたのはハッブル(1889-1953)だった。「ほとんどの銀河はわれわれから遠ざかっており、その遠ざかる速さは距離に比例する」、すなわちハッブルの法則を見出してからであった。しかしハッブルは「自らの観測結果の解釈に疑問を持っていた。自らの観測結果を宇宙膨張の直接証拠とは考えず、銀河からくる光がエネルギーを失い、赤い方にずれるからだという説を採用していた」という。次にアインシュタインにまつわる話。ハッブルが観測結果を発表する10年以上前の1916年にアインシュタイン(1888-1925)は「一般相対性理論を発表し、1917年にはそれを宇宙全体に適用した宇宙方程式を提案していたが、その方程式によれば、宇宙は収縮するか膨張するかの運動をしなければならなかった。永遠に不変であり、静的であると信じていたアインシュタインは、自らが提案した方程式に宇宙項を人為的に付け加え、宇宙が運動をしないよう操作した。彼は静かな宇宙を統括している平和的な神を考えていたのである」。1922年にアレクサンドル・フリードマン(1888-1925)が「アインシュタインの方程式を正確に解き、宇宙が距離に比例して膨張しているという解を示した時、アインシュタインはクレームをつけたくらいである」。ハッブルの観測結果が示されてからようやく有名な言葉「生涯で最大の失敗」として宇宙項を引っ込めた。二人の偉大な科学者には共通したところがある。時代は変っても現代の科学者も同じだと思うが、自然は神の創造物、そこには必ず秩序(法則)があるはずとの思いが探究心を駆り立てていること。しかし自ら導き出した理論、苦労してえた観測結果とはいえ、無限に広がる宇宙、すなわち無秩序に拡散しばらばらになってしまう宇宙など神が創るはずがないと考えていたと思われること。衝撃的な知見に直面し逡巡する二人の姿は天才科学者とはいえまさしく人間だ。そのほか面白い話がたくさんある。基礎知識不足の私には良く理解できない個所が何か所あったが、それでも興味深く読めた。
[PR]
by bonjinan | 2014-02-25 20:44 | 読書 | Trackback

ソチ五輪閉幕

ソチ冬季オリンピックが23日夜(日本時間24日未明)閉幕した。恐れられたテロもなくなによりだった。
4年に1回、しかも一瞬の勝負でやり直しのきかないところがオリンピックの魅力。大いに楽しませてもらった。今回のオリンピックはメダル獲得数もさることながら、10代の活躍、台頭も目立った。閉塞した社会を打破し切り開いてくれるのはやはり若者だと思えた。若い人たちには五輪に限らず果敢にチャレンジして欲しい。3月7日からはパラリンピックが始まる。感動の場面を期待したい。
[PR]
by bonjinan | 2014-02-25 09:45 | 生活 | Trackback

温室の花@新宿御苑

  新宿御苑では今、カンザクラ、ロウバイ、フクジュソウが見ごろ、ウメ、ミツマタが咲き
  始め。天気が良いとはいえ外はやはり寒い。温室に向かった。
  色鮮やかな花たちが冬であることを忘れさせる。
c0192215_18284349.jpg

  オオベニゴウカン:マメ科
c0192215_18372522.jpg

  ダンドク:カンナ科
c0192215_18381598.jpg
 
  ムニンタツナミソウ:シソ科 (小笠原諸島固有種、絶滅が危惧されている種)
c0192215_1838574.jpg

  やはりランは美しい。名前?

  参考:新宿御苑ホームページ

    
[PR]
by bonjinan | 2014-02-22 18:46 | 旅、散歩 | Trackback

早くな散りそ梅の花

    先週に続き今週も、関東で記録的な大雪が降った。
     今日は久しぶりの晴天、雪はどんどん消えていくのだが・・・。
   「残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも」 大伴旅人 万葉集
c0192215_14414872.jpg

    雪に傷つけられず咲いている梅。しばらくはこのまま咲いていて欲しい。 
[PR]
by bonjinan | 2014-02-16 14:48 | 季節の花 | Trackback

群青色の壁

熱海市指定有形文化財、「起雲閣」にひときわ目を引く群青色の壁の座敷がある。
この座敷と玄関を含む建物は1919年、当時海運王と言われた内田信也の実母の静養先として建てられたもの。その後持ち主が東武鉄道創設者、根津嘉一郎に代り1932年に洋館が建てられるとともに庭園などが整備された。1947年になると桜井兵五郎により旅館として生まれ変わる。その際、桜井が石川県の出身であったことから、「加賀の青漆喰」とよばれる群青色の壁に塗り替えられたという。志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治など日本を代表する文豪がここに宿泊したが、2000年からは熱海市の観光拠点となっている。
c0192215_12341686.jpg

    起雲閣、麒麟の間

参考:熱海市ホームページ「起雲閣」
[PR]
by bonjinan | 2014-02-10 18:43 | 旅、散歩 | Trackback

雪の朝

    朝起きると、一面の雪景色。まさに「雪のおもしろう降りたりし朝・・・」
    (徒然草、第31段)
    今日は降りしきる雪をながめ静かにしていようと思う。
    ベランダの鉢植えに雪が舞い込み積もっている。 
c0192215_11491654.jpg

    ハナカンザシ:キク科 別名:ヘリクリサム、アクロクリニューム
     
      

       
[PR]
by bonjinan | 2014-02-08 11:53 | 生活 | Trackback

多摩川台公園の梅(2014)

   今年も梅の花が咲き出してきました。
c0192215_1518990.jpg

   多摩川台公園の梅(2014)。昨年に比べ幾らか開花が早いような気がする。
   参考:2013.2.10ブログ記事  
[PR]
by bonjinan | 2014-02-01 15:22 | 旅、散歩 | Trackback