AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春の花、ゲラニウム、イチリンソウ、アマドコロ

春の花、ゲラニウム、イチリンソウ(一輪草)、アマドコロ(甘野老)、
(@ねむの木の庭)
c0192215_12511984.jpg

    ゲラニウム:フウロソウ科 和名:フウロソウ
    ハーブの一つ。薬草で知られるゲンノショウコ(現の証拠)と同じ科。
c0192215_1251326.jpg

    イチリンソウ:キンポウゲ科
    根茎が横に伸びて繁殖。有毒物質を含む。 
c0192215_17504187.jpg

    アマドコロ(甘野老):ユリ科アマドコロ科
    名前の由来は地下茎がトコロ(苦いヤマイモ)に似て甘味があるため。
[PR]
by bonjinan | 2011-04-30 12:52 | 季節の花 | Trackback

英国王室結婚式

英国王室ウイリアム王子ケイト妃結婚式挙行。
The Royal Channel
[PR]
by bonjinan | 2011-04-29 19:47 | 生活 | Trackback

新緑の池田山公園@品川

東五反田の品川区立「池田山公園」に寄ってきました。
JR五反田と目黒駅の中間にありながら都心とは思えない静けさ。
ここは旧備前池田藩下屋敷跡、大名気分で新緑とつつじを楽しんできました。
c0192215_6501627.jpg

 新緑がとても鮮やか。
c0192215_6541679.jpg

c0192215_6542980.jpg

 高台からの景色。
 高台から下の池を臨むので「のぞき池方式」の庭園というのだそうです。
c0192215_753493.jpg

 つつじに覆われた斜面を降りると池。
 池泉回遊式の大名庭園であることが分ります。
c0192215_7121083.jpg
c0192215_712215.jpg

 下から眺めた高台のあずやま。
c0192215_7133462.jpg

 池を一周しながらの散策。
c0192215_7134178.jpg

 色鮮やかなつつじ。
c0192215_1419132.jpg

 道筋に咲いていた立浪草(タツナミソウ)らしき花。
 この公園には四季折々の珍しい山野草が咲いているのでこれも楽しみ。

参考:品川区ホームページ「池田山公園」
近くには皇后陛下ご実家跡の「ねむの木の庭」もあります。
[PR]
by bonjinan | 2011-04-29 09:14 | 旅、散歩 | Trackback

震災後の鉱工業生産指数、消費者物価指数

1.鉱工業生産指数
経産省から発表された3月の鉱工業生産指数(05年=100)によると、82.9、対前月比▲15.3%。
リーマンショック後の09年2月(▲8.6%)を超え1953年の調査開始以来最大の落ち込み、福島、
宮城、岩手など被災9県の被災企業に限定すると指数の低下は▲31.9%になるという。
なお同じく発表された製造工業生産予測調査によると対前月比で4月+3.9%、5月2.7%の回復見
込みという。緩やかに回復という感じだ。
個別企業に眼を転じると、世界のシリコンウエハーの2割弱を占め世界中から心配されていた信越
化学白河工場が6月末めどに全面復旧、半導体のルネサス那賀工場がやはり6月めどに復旧との
明るいニュースも流れているが、裾野の広い自動車では半減と伝えられており、電力制限など考える
と本格的な回復は秋以降になるのだろう。

2.消費者物価指数
総務省から発表された3月の消費者物価指数(05年=100)によると、99.6、対前月比+0.33%
上昇。コアCPIは99.4、対前月比+0.5%、コアコアCPIで97.0、対前月比+0.2%。
リーマンショック後の緩やかな上昇傾向線上にある。

3.日銀、経済見通し
日銀は今年度の経済成長率を1.6→0.6%に引き下げ。
但し24年度は復興により2%プラスの2.9%になるとの見通しを出した。金融政策では追加的量的
緩和など提案されたようだが実質ゼロ金利政策の延長となるようだ。米国では6月で量的緩和策を
止めると言っており為替相場、資源価格への影響など今後注目されるところだ。

リーマンショックは金融バブルの崩壊が実態経済にどう影響を及ぼすかであった。
今回は自然災害が確実に実体経済に及ぼしているはずで多くの経済指標が変化していると思う。
慢性的なGDPギャップがどう変化するのか、エネルギー弾性値はなど注目したい。

参考:経産省ホームページ(鉱工業指数)
総務省ホームページ(消費者物価指数)
[PR]
by bonjinan | 2011-04-28 21:38 | 政治・経済 | Trackback

春の小川@渋谷

唱歌「春の小川」(高野辰之作詞)はかつて小田急代々木八幡、参宮橋付近を流れていた河骨川の風景を歌にしたものといわれる。河骨川は宇田川となり、新宿御苑を源流とする渋谷川に渋谷駅付近で合流していたという。のどかな時代が偲ばれます。
c0192215_939287.jpg

   新宿御苑「母と子の森」を流れる小川。
  参考:10.3.30ブログ”桜@渋谷駅前”
[PR]
by bonjinan | 2011-04-28 09:46 | 旅、散歩 | Trackback

八重桜、ハナミズキ@新宿御苑

新宿御苑に行ってきました。
八重桜、ハナミズキが満開、ツツジが咲きだしています。
c0192215_18521011.jpg

 ソメイヨシノが完璧に葉桜に。
c0192215_1856365.jpg

 今、ヤエザクラが満開。
c0192215_1857352.jpg

c0192215_18574751.jpg

 満開のヤエザクラと花びらの絨毯
c0192215_1905859.jpg

 満開のハナミズキ
c0192215_1945233.jpg

 咲きだしたツツジ
c0192215_1995092.jpg

 遅咲きのモクレン
c0192215_1911994.jpg

 ムラサキハナナ(紫花菜)
c0192215_1911378.jpg

 シャガ(著莪)
c0192215_19184981.jpg

 ラクウショウ(落羽松)の気根とホソバオオアマナの群生
[PR]
by bonjinan | 2011-04-26 19:24 | 旅、散歩 | Trackback

原発代替エネルギー

福島第一原発事故、それもチェリノブイリと並ぶ史上最悪の事故により、国、及び電力会社の原子力政策
を根底から見直さざるをえなくなった。関係者の努力にも関わらず未だ安定冷却体制が確立していなく、
工程通り対応ができたとしても約1年、さらに事故原因の技術面、安全管理面(含む津波対策が指摘され
ながら対策されなかった背景)、事故後の処理対応面などからの総合的検証と対策案がつまびらかにされ
かつ理解されなければ増設は容認できないからだ。あっという間に5年、10年が過ぎてしまう。当面、停止
中の火力電力を動かす、節電、操業時間の変更、工場の再配置などでしのぐしかないのだが、今年の夏
これを上手くしのげなければ、わが国の産業立国としての位置付は急速に低下していくことになる。
現状ではバイオマス、小型水力、風力、太陽光発電、排熱利用など微々たるものだが総量目標を掲げて
取り組むしかない。むしろこれら技術を高め新しい産業とする位の覚悟をもって官産学のミッションとして取
り組んでもらいたい。現政権は既存組織を嫌い何でも自分でやろうとするのだがマネジメント能力がないか
ら結果が残らない。このペースで引きずられることになるとすると何の形も残らないことになる。産業界、自
治体、学会から手をあげて動いて欲しい。

参考:nifty news(洋上風力発電)
ECO JAPAN(原子力の基礎を踏まえてみる福島原発事故)
ECO JAPAN(再生可能エネルギーの導入可能量)
[PR]
by bonjinan | 2011-04-25 13:00 | 政治・経済 | Trackback

新緑の等々力渓谷@世田谷 sanpo

東京23区唯一の渓谷、等々力渓谷を歩いてきました。
新緑が日の光に輝いていた。
c0192215_14395584.jpg

 等々力不動尊下の不動の滝付近
c0192215_14405422.jpg

 渓谷を覆う木々の新緑
c0192215_14431386.jpg
c0192215_14432165.jpg

 公園の茶室とつつじ
c0192215_14445176.jpg

 渓谷の新緑
c0192215_14455462.jpg

 渓谷(谷沢川)沿いの遊歩道
c0192215_14471361.jpg

 ゴルフ橋。かつてゴルフ場の入り口だった。

最寄駅:東急大井町線等々力駅
[PR]
by bonjinan | 2011-04-24 14:53 | 旅、散歩 | Trackback

震災から1.5か月、復興への道のり

東日本大震災から1.5か月が過ぎた。
昨日、第二回「復興構想会議」が開かれたようだ。
政府には「復興対策本部」がありまた「復興実施本部」設置など予定されている
ようだが目的、使命が抽象的で権限が曖昧な会議がどんどんつくられていく。
何をどうして良いか分からないトップの率いる会社をみているようだ。
今ある組織が上手く動いていなく基本的には人間不信だから任せることができ
なく既存組織とは関係なく話しやすい人に宿題をばらまく。
宿題を与えられた管理職はまた何人かの部下におなじように宿題をばらまく。
これが1回で済めば良いがトップが納得するまで延々と繰り返される。
こうして仕事のための仕事、会議が増殖していく。
検討は繰り返されるほど問題は整理されるが結局のところ当事者の頭の整理で
終る。今の政府の会議をみているとそんな感じだ。
先ず国でやること地方でやることの大枠を決めることが先決だ。
今回の震災は広範囲、かつ被害状況、復興のための地理的環境が違うから同じ
条件で復興すれば良いというものでもない。国の支援は必要だが何でも国がや
るというのもおかしい。先ずは地方がどうしたいかが最重要になる。
頼りない政権に頼らず地方の首長さんたちにほんとうに頑張ってもらいたい。
民活による復興も考えられる。コンペをしたらどうか。
勿論、福島県は原発が収束レールに入らない限り何も検討できない状況である
けれども前提付でも検討は進めて貰いたい。
それにしても今、国会議員は何をやっているのだろうか。地方地方の多様な意見
を集約していく仕事はどうなっているのか。与野党関係なく俺ならこうすると名乗
り出る議員がいないのも気になる。勝馬に乗り名誉職の獲得と利益誘導しかでき
ないのだとすると我慢強く高貴な精神の国民の代表とはとても言えない。
[PR]
by bonjinan | 2011-04-24 10:51 | 政治・経済 | Trackback

春の白い花ほか

   ハナミズキ(花水木):ミズキ科。1912年渡来。アメリカのワシントンに桜の苗を寄贈
   した際、その返礼として送られたのがはじまりという。
c0192215_15235044.jpg

   モッコウバラ(木香茨/木香薔薇):バラ科。秋篠宮家眞子様のお印だという。
c0192215_15242882.jpg

   ドウダンツツジ(満天星躑躅):ツツジ科
c0192215_15284193.jpg

   羽衣ジャスミン:モクセイ科
c0192215_15302320.jpg

   コデマリ(小粉団):バラ科
c0192215_15314338.jpg

   ニセアカシア(別名ハリエンジュ):マメ科
c0192215_15522241.jpg

   トチノキ:トチノキ科
c0192215_18542141.jpg

   ヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャ):モクセイ科
c0192215_834413.jpg

(追加)
ヒメリンゴ(姫林檎):バラ科リンゴ属(園芸品種) 別名:イヌリンゴリキュウバイジューンベリー     
[PR]
by bonjinan | 2011-04-23 20:30 | 季節の花 | Trackback