AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:豆知識( 6 )

街路樹

街に彩りと安らぎを与えてくれる街路樹。
世界、日本の街ではどんな街路樹が植えられているのだろうか。
気候の違いが植生の違いをもたらすはず。
≪概観≫
「東京の神宮外苑(イチョウ)、名古屋の久屋大通り(クスノキ、ケヤキ)、仙台の定禅寺通り(ケヤキ)、パリのシャンゼリーゼ(マロニエ、プラタナス)、ベルリンのウンターデンリンデン(セイヨウボダイジュ)、ワシントンの国会議事堂前モール、ボストンのコモンウエルス・アヴェニュー、マドリッドのパセオ・デル・プラド(マロニエ、エンジュ)など例外なく複数の街路樹により縁取りされ、緑豊かな並木道として、明瞭な都市の軸線を形成している。平安京(ヤナギ、エンジュ)、横浜・日本大通り(イチョウ)、日本で初めての全都市的都市計画であった東京市区改正事業〈1888年)では、イチョウ、スズカケノキ、ユリノキ、アオギリ、トチノキ、トウカエデ、エンジュ、ミズキなどが街路樹として適切であるとして選定された。」 
石川幹子『国際交通安全学会誌』Vol.28 no.4 2004.2

≪世界の三大花木≫
カエンボク、ジャカランダ(以上、ノウゼンカズラ科)、ホウオウボク(マメ科、熱帯地方)

≪日本の街路樹≫
日本の街路樹(2007年現在)、イチョウ57万本、桜49万本、ケヤキ48万本 (WIKIPEDIA)

≪フランス・パリ≫
パリには5218の通りがあり、約1400の通りに街路樹が植えられ総数10万本と言われる。
ブーローニュやヴァンセーヌの森や公園の木を合せると全体で49万本と言われる。
パリの人口は220万人だから、パリ市民は4人に1本の樹木をもっていることになる。
現在、パリの街路樹として植えられている樹木は140種類にも及ぶ。
代表的なものは、プラタナス約40%、マロニエ15%、菩提樹10%、エンジュ9%、楓6%、トネリコ3%、ポプラ1.5%、楡1.4%、桐1%等である。(AGIJ フランス日本語ガイド通訳協会HP)

補足
釈迦が悟りを開いたのは、インドボダイジュ(クワ科)の下、中国、中国から伝わった日本では気候風土の関係からシナノキ科の植物。西洋の菩提樹”Der Lindenbaum” は同じくシナノキ科。

≪イタリア・ローマ≫
ローマで良く見かける木、イタリアカサマツ(すべての道はローマに通ず。そのアッピア街道のが印象的、二葉松)、次はイトスギ(名前と違って実はヒノキの仲間)、オレンジも結構あるような気がする。

≪ブラジル・ボルトアレグレ≫
ポルトガルの生物学者が世界で一番美しい通りと紹介したブラジルのリオグランデ・スル州の州都
ボルト・アレグレにあるゴンサロ・デ・カルバーリョ通りは、500mにわたって100本以上のローズウッドの巨木が並んでいる。

≪シンガポール・オーチャード通り≫
アンサナ(日本名:インドカリン)

≪スペイン≫
スペインで良く見る街路樹、プラタナス、黄色いアカシア(セビリア)、キョウチクトウ、オレンジ、ユーカリ、ヤシ、オリーブ、アーモンド

≪南アフリカ・プレトリア≫
ジャカランダの並木道
[PR]
by bonjinan | 2014-05-04 17:41 | 豆知識 | Trackback

和顔施

仏教用語で「無財の七施」という言葉がある。地位や財産がなくても心がけひとつで誰にでもできる布施のことで、眼施、和顔施、愛語施、身施、心施、牀座施、房舎施の7つをいう。最近、この中の一つ「和顔施」(わがんせ/わげんせ)という言葉がよく出てくる。人に対して笑顔で優しく接することをいう。今日のNHK”あさイチ”で「第一印象アップ大作戦」が放送された。イライラ、カリカリしているわけでもないのに暗い感じを与えているのだとしたら不幸だ。ちょっとした努力、心がけ次第で変身できるようだ。
参考:NHK”あさイチ”ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2012-04-09 18:03 | 豆知識 | Trackback

爆弾低気圧

気象庁は6日、2から3日に大きな被害をもたらした「爆弾低気圧」の原因を発表した。
爆弾低気圧とは中心気圧が24時間で24hPa(ヘクトパスカル)以上低下する熱帯性低気圧のことを言うようであるが、今回は一気に42hPaも下がったとのこと。その原因として成層圏と対流圏の境(通常、高度約1万m)に5500mまで低下する寒気の流入を伴うくぼみができ、低気圧に流れ込む湿った暖気が上昇気流を一段と強めたことによると言う。台風と同じく湿った暖かい空気は上昇し、水蒸気が雨に凝縮、氷に凝固する過程で大量の熱を放出し上昇気流を強める。今回は通常より低い高度でその変化が起こったため日本海上とはいえ強い低気圧になったようだ。昨年は大地震、今年は静かな年であって欲しい。
引用:気象庁ホームページ”急発達した低気圧について”
[PR]
by bonjinan | 2012-04-07 18:30 | 豆知識 | Trackback

新しい単語、エクセルギー

最近、エクセルギー(exergy)なる単語をみるようになった。
エクセルギーとは1956年にスロヴェニアの工学者によって提唱された造語。
エネルギーは熱のあるところには熱エネルギーがあり、また拡大すると質量あるものには必ずエネルギーは存在するからありとあらゆるところにエネルギーは存在する。我々はエネルギーに満ち溢れた世界にいる。問題は利用できるエネルギーかどうかということになる。この使えるエネルギー、価値あるエネルギーのことをエクセルギーと呼ぶ。
例えばガソリン車を考えてみると、化石燃料のエクセルギーを100とすると利用しているエネルギーは10未満。90強は環境に熱エネルギーとして拡散している。照明として使う白熱灯で考えてみると、発電過程で約50、送電等で約5、電燈ではそのほとんどを利用できない熱エネルギーとして拡散している。こうしてみてくると、エネルギー源をいかに無駄なく使うことが重要かが分かる。良く省エネという言葉が使われるが正しい表現ではない。先の例では、化石エネルギーが再利用できない熱エネルギー、光エネルギーなどにかたちを変えたのだがその総和は不変であり、エネルギーが減ったわけではない。利用できるエネルギーがなくなったのだ。即ちエクセルギーがなくなったのだ。省エネは省エクセルギーというのが正しい言い方となる。なお社会全体でみるとエネルギー資源の約80%が何も利用されずに捨てられているという。私たちは大いなる無駄遣いをしているのだ。
以上、エクセルギーの利用について書いたが、次にエクセルギー源について考えてみる。温度差のあるところ、落差があることに伴う水の流れはすべてエクセルギーとなる。大気と地中、水の温度差などを利用すればそのまま冷暖房として利用できる。こまめに利用し化石エネルギー代替としたいものだ。
参考:牛山泉・山地憲治編著『エネルギー工学』オーム社(2010.2)
[PR]
by bonjinan | 2011-06-12 17:39 | 豆知識 | Trackback

「葉書」の由来となった「多羅葉」の木

「多羅葉(たらよう)」の木の葉っぱに尖ったもので傷をつけると黒くなり字も書ける。
「葉書」の語源はこれに由来している。
日本における郵便制度を創設した前島密(1835-1919)が命名したという。
「郵便発祥の地」となった現日本橋郵便局に前島密の胸像と多羅葉、別名ハガキの木を
みることができます。
c0192215_18361648.jpg

[PR]
by bonjinan | 2010-01-06 18:38 | 豆知識 | Trackback

台風17,18号と藤原効果

台風17号、台風18号が太平洋上にあり、18号は8日頃日本列島に上陸する可能性があると予報されています。前線が停滞しており大雨が予想される。2つの台風が発生していることから、最近、”藤原効果(Fujiwhara Effect)”という専門用語が天気予報で出てくるので調べてみた。

<概要>複数の熱帯性低気圧(台風)が概ね1000km以内に近づくと複雑な挙動を示す。2つの台風が近くに在ると、その台風に反時計回りに吹き込む風によって吹き流される効果が働き、2つの台風の眼を結ぶ軸がまた反時計回りに回るような動きをする。その後の挙動については、6つに分類されていて、相寄り型、指向型、追従型、同行型、離反型、時間待型があるという。過去の例はYou Tube などで紹介されているが、個々の台風について、事前にどの型か、進路がどうなるかまでは残念ながら予測するに至っていない。
*藤原咲平(1884-1950):藤原効果:1921年第5代中央気象台長当時提唱。
[PR]
by bonjinan | 2009-10-06 10:18 | 豆知識 | Trackback