AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

カレル橋@プラハ

 ヴルタヴァ川に架かるプラハ最古の石橋がカレル橋。
 カレル4世の命によって1357年に着工し60年近くかけて完成した橋。
 先ずは橋塔からみるカレル橋とプラハの景観から。
c0192215_16121740.jpg

  旧市街側にある橋塔から望むプラハ城方向
  全長約520m、幅約10m、アーチの総数15の大きな橋。
  カレル橋の両端には30体の聖人の彫像が並ぶ。
  橋は中央からわずかに曲がっている。上流側にあった建物を避けるためだったという。
c0192215_1172882.jpg

  同じく橋塔から望む塔直下の広場と旧市街の景観
 「百塔の街」といわれるプラハ、確かに多い。
c0192215_1193938.jpg

  橋の両側に並ぶ聖人像がこの橋を観光名所にしている。
  最も人気があるのはヤン・ネポムツキー像(1683年作)で橋のほぼ真ん中にある。
  頭上に輝く5つの星が聖ヤンさんのトレッドマークで目印にもなる。
  日本でも有名な聖フランシスコ・ザビエル像(1711年)もある。
  写真の先の黒い塔が橋塔。
c0192215_11111679.jpg

  聖ヤン・ネポムツキー像の台座。
  ネポムツキーは14世紀のボヘミアの司祭。ヴァーツラフ4世の王妃の懺悔内容を厳守したため
  王の怒りをかいヴルタヴァ川に投げ込まれ殺害されたとされる話がレリーフになっている。
  触れると幸運に恵まれると言われておりその部分が光っている。ボヘミヤの守護聖人。

 ※1 ヴルタヴァ川(チェコ語、ドイツ語でモルダウ川。ドイツでエルベ川に合流し北海へ)
  橋塔の近くには、交響詩『わが祖国』第2曲『ヴルタヴァ(モルダウ)』で知られるスメタナ
  を記念したスメタナ博物館がある。 

 ※2 ゼレーナ・ホラの聖ヤン・ネポムツキー巡礼教会
  プラハの東へ約65km、聖ヤンさんの出身地に近いジュヂャール・ナト・サーザヴォウに
  聖人ヤンさんを記念した教会がある。1994年に世界文化遺産に登録されている。
[PR]
by bonjinan | 2017-10-29 16:45 | 旅、散歩 | Trackback
トラックバックURL : http://bonjinan.exblog.jp/tb/28152708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]