AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ナポレオンの戴冠式

ルーヴル美術館、約35,000点に及ぶ美術品を保有し毎年約800万人が訪れる。数ある作品の中で最も人気があるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』(1503-19頃)。その次となると定かではないが、ここでは歴史の教科書にも載り、これまた人気のある、ジャック・ルイ・ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』(1805-07頃)を採り上げたいと思います。
c0192215_1028523.jpg

ジャック・ルイ・ダヴィッド『ナポレオンの戴冠式』(1805-07頃)
『ナポレオン1世の戴冠式』とも『ナポレオン1世の戴冠式と皇妃ジョセフィーヌの戴冠』とも言われる。大きさ約縦6m×横10m。人物を等身大に近く描いた迫力ある作品。ナポレオンはローマ教皇からではなく自分で自分に冠を授けたと言われるから事実をそのまま描いたものではない。ではなぜローマ教皇ではなく、ナポレオンが皇后に冠を授けているかを考えさせるところがこの絵のみどころ。諸説あるが、教会は政治支配のもとにあること、ナポレオンもジョセフィーヌも貴族の生まれながらフランス本流の貴族出身ではなかったこともあって国民に選ばれた皇帝であること、すなわちフランス革命の正当な相続人であることを高らかに宣言したかったのだと思う。ジョセフィーヌへの戴冠は絵全体を和やかにしているほか、ジョセフィーヌを国民の代表と置き換えれば作者ダヴィッドの意図をもっと鮮明に理解することができる。歴史画は歴史上の一コマを描写するものだが、時代の大きな流れを的確に表現したという意味ではこれまた立派な歴史画といえるだろう。
c0192215_1033343.jpg

同上部分図。
教皇ビウス7世が、『受胎告知』(例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチ)で天使ガブリエルと同じように手のポーズで皇帝と皇后を祝福している様子が描かれている。これもどうやら事実ではなく、主役の一人であるはずの教皇が苦々しく見守るしかなかった教皇の姿を、甘んじて祝福している姿に修正したものと言われている。
c0192215_1035424.jpg

ヴェルサイユ宮殿、戴冠の間に掲げられた同じくダヴィッド作『ナポレオンの戴冠式』
ルーヴル美術館のそれと何が違うのか、これも見どころとなっている。
[PR]
by bonjinan | 2010-10-08 09:23 | 文化・歴史 | Trackback
トラックバックURL : http://bonjinan.exblog.jp/tb/25889967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]