AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

プラド美術館@マドリッド

スペイン旅行から約1か月強、プラド美術館見学の記憶を書きとどめておこうと思う。
大きな美術館での美術鑑賞はとても難しい。それも海外旅行中となると時間の制約があるから一層難しい。今回のスペイン旅行では、マドリッドの観光の中心はプラド美術館、観賞する作品はとにかくガイドブックに出てくる有名なもの数点と決めていた。今振り返ってみて満足できる見学となったと思っている。
(コレクションの特徴)
プラド美術館は所蔵絵画が約8,000点、展示されている作品だけでも約3,000点と言われる。コレクションの特徴は、スペイン絵画の黄金時代といわれる17~18世紀の作品が中心だが、フランドル絵画、イタリア絵画などスペイン王室のセンスで収集されたものが多く味わい深い作品が多いこと。
(重点的に観賞した絵画)
①ディエゴ・ベラスケス≪ラス・メニーナス(女官たち)≫1656年頃
皇女マルガリータと女官たち、国王フェリッペ4世とマリアーナ王妃、ベラスケスがあたかもそこに実在するかのような作品。しかし観れば観るほど作者の隠されたメッセージがあるのではないかと謎解きの世界に引きこまれる。明暗からすれば主役は明らかにマルガリータ王女であるが、登場人物の視線からすればこの絵は国王から絶対的信頼を勝ち得たベラスケス自身の自画像に他ならないと思えた。
②フランシスコ・デ・ゴヤ≪カルロス4世の家族≫1800年
ヨーロッパ各国で君主制が危機にあった時代の作品。人の良い国王と悪名高い王妃を中心に据えながらもこの絵では家族の結び付きの強さを表現している。しかしなぜか目線は青い服装の皇太子(後のフェルナンド7世)と背後のゴヤに移る。ベラスケス同様、王家の観察を踏まえその将来を洞察し描いたと思われる。
③ゴヤ≪裸のマハ≫1797~1800年頃、④ゴヤ≪着衣のマハ≫1800~1805年頃
上野・西洋美術館で2011年に④は公開されたが③④両者を並べて観るとその迫力に圧倒される。
⑤ゴヤ≪1808年5月3日の銃殺≫1814年 戦争の非道を訴える傑作。
ゴヤの作品②~⑤をみただけでもモチーフが多岐。表現力豊かな画家であることを知る。
⑥エル・グレコ≪胸に手を置く騎士≫1580年頃 
⑦フラ・アンジェリコ≪受胎告知≫1426年頃 
中世以来、最も人気のあるシーンでフィレンツェの修道僧アンジェリコはこの宗教的主題を何枚も描いている。観た絵にはエデンの園を追放されるアダムとイブ、聖母マリア様の生涯のエピソードが加えられていた。
⑧ヒエロニムス・ボス≪七つの大罪≫15世紀最終期
ネーデルランドの画家で≪愚者の船≫で知ってはいたが実際にボスの作品を観賞したことはなかった。七つの大罪は、仏教における地獄・極楽、勧善懲悪との対比で興味があった。七つの大罪として、上から時計まわりに、怠情、色欲、傲慢、憤怒、嫉妬、貧欲、貧食を、四隅には左上から時計まわりに、死、天国、最後の審判、地獄を描いている。イエスの下には「汝ら心せよ、主は見そなわし給う」とも書き、キリスト教の説く道徳感を表現している。宗教、時代が違っても民衆に求める道徳は同じと思えた。

c0192215_22551661.jpg

   ゴヤ像側から見たプラド美術館(MUSEO NACIONAL DEL PRADO)
[PR]
by bonjinan | 2014-07-01 10:58 | 文化・歴史 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://bonjinan.exblog.jp/tb/22369565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2014-08-31 17:23
タイトル : エル・グレコが愛した古都
トレド Toledo  トレドはスペイン中央部の都市、カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都で、「町全体が博物館」と言われ、タホ川がトレド西に横断して流れ、タホ川が大きく蛇行した高台にトレドの街があり、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されています。 Toledo is a municipality located in central Spain, 70 km south of Madrid. and was declared a World Heritage Site by UN...... more