AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

スペイン、セビーリャのカテドラル

スペインの旅、アンダルシアの州都セビーリャの世界遺産、大聖堂(カテドラル)を訪ねた。カテドラルは、その昔はイスラム寺院(モスク)であったが、レコンキスタが完了しつつあった15世紀初頭、「後世の人が驚くほど大きなカテドラルを建てよう」との決定を受け約100年後の1519年に完成したキリスト教聖堂。世界ではローマのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール寺院に次いで3番目の規模だという。みどころはたくさんありますが、ここではスペインに莫大な富をもたらしたコロンブス(ca1451-1506)の墓、モスクの尖塔(ミナレット)に鐘楼が追加された「ヒラルダの塔」からの眺めをアップします。
c0192215_1817269.jpg

カテドラル:イスラム的文様とゴシック建築と、スペインらしい風景。
c0192215_18204323.jpg

コロンブスの棺を担ぐ当時の4人の王。
セビーリャは、グアダルキビル川を通じて大西洋につながる港湾都市として中世から栄え、アメリカとの貿易では独占港として繁栄した町ならではのモニュメント。剣でザクロを刺す姿はレコンキスタの完成(1492年)を象徴している(イスラム最後の王朝があったグラナダの地名はスペイン語でザクロを意味)。
ガイドブックによると、「4人の王は当時スペインを構成したレオン、カスティリア、ナバーラ、アラゴンの王」となっているがレオン王国はカスティリア王国に統合され1252年には消滅しており、またコロンブスが亡くなったのは1506年だから、レコンキスタに貢献した王たちとして理解するのが正しいのだろう。なおザクロを剣で刺しているのは身に着けた国章からレオンの王と思われる(正面にライオンの紋章)。
c0192215_18445929.jpg

ヒラルダの塔:高さ97m
鐘楼の先端のブロンズ像が風向きによって向きを変えるのでヒラルダ(風見)の塔と呼ばれる。
c0192215_18595579.jpg

ヒラルダの塔から眺めるオレンジの中庭。
塔の中は階段ではなくスロープだからゆっくり歩けば簡単に上がれると言われてついつい調子に乗って上がってしまった。最後になると結構きつかった。(馬でもあがれるようスロープにされたようだ)
c0192215_4133420.jpg

街の風景。白い壁と観光馬車。のどかなアンダルシアの風景でした。
[PR]
by bonjinan | 2014-06-09 15:26 | 旅、散歩 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://bonjinan.exblog.jp/tb/22208493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2014-07-14 23:00
タイトル : スペインで最も美しいステンドクラス装飾を誇る大聖堂
レオン León  レオンスペイン北西部、カスティーリャ・イ・レオン州レオン県の県都で、中世はレオン王国の首都でした。スペインで最も美しいステンドグラスと言われるゴシック様式のレオン大聖堂があり、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路途上に位置する街でもあります。 León is the capital of the province of León, located in the northwest of Spain. Leon's historical and architectu...... more